甲斐国志(文化11年(1814年)に完成)巻之百二十三に「篠(スズ)、富士の北麓ニ叢生 スルヲ、本栖、精進西湖諸村ノ里人苅リテ河内領、郡内領ニ担販ス箕(ミ)、笊籬(イザル)、魚 籃(ビク)ヲ造ル具ナリ」とあり、それ以前に富士山からスズ竹を取って、笊籬を作っていたこと がうかがえる。

以来、現在に至るまで原料から技法に至るまで作り手に受け継がれてきている。

 
材料となるスズ竹は、富士山2号目付近に自生しており、しなやかで香りが良いところが特徴 とされています。細かい目で編んだザルは繊細でとてもしっかりしており、実用品としてばかりではなく、インテリアとしても好評を得ている。