トップ > 医療・健康・福祉 > 障害福祉 > 日常生活支援 > 手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ > 手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ(観光編)

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ(観光編)

山梨の魅力を紹介します!

見どころ

富士山

  • 富士山の形をイメージします。

 

富士五湖

  • 山梨版の「富士五湖」は、富士山の麓に五胡があるのをイメージします

 

リニアモーターカー

  • ガイドウェイの上をリニアモーターカーが素早く走り去るのをイメージします。

 

忍野八海

  • 「忍野」の地名は、標準版では忍者のポーズ、山梨版では忍者の覆面をイメージします。

 

フルーツ公園

  • 「フルーツ」は、枝にたわわに実る果物をイメージします。

 

清里高原

  • 「清里」は、手のひらを反対の手で撫でる「清い」の表現と「場所」を表す手話を組み合わせます。

 

温泉

  • 地図記号の温泉マークをイメージします。

 

博物館

  • 「博物」は、「視野を広げる」という手話で表現します。

 

美術館

  • 「美術」は、たくさんの絵画が並んでいる様子をイメージします。

食べどころ

吉田のうどん

  • 「うどん」は、標準版では、うどんを食べる動作、山梨版では、親指で太麺を表現します。

 

とりもつ

  • 「もつ」は、鶏の砂肝、レバーなどが、コロッとおいしそうに照り煮された様子をイメージします。

 

ワイン

  • 標準版では、「ブドウ」と「飲む」を組み合わせ、山梨版では、立てた三本指をワイングラスに見立てます。

ほうとう

  • のし棒で麺を打つ動作と、麺を食べる動作を組み合わせます。

 

ぶどう

  • 水平にした掌の下に葡萄の房があるのをイメージします。

 

もも

  • 丸みをもたせた両手を合わせ、左右に軽く揺らします。

 

(撮影協力、一般社団法人山梨県聴覚障害者協会)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:企画推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1460   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について