トップ > 医療・健康・福祉 > 障害福祉 > 日常生活支援 > 手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ > 手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ(防災・防犯編)

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

手話で話そう!やまなし心のバリアフリー・手話ホームページ(防災・防犯編)

災害や事故に備えましょう!

地震

  • 地面が揺れる様子をイメージします。

 

避難所

  • 「避難」は、駆け足で逃げる動作をイメージします。

 

一緒に逃げましょう

  • 「一緒に」は、あいさつ編の「あいましょう」と同じ表現で、左右の人差指が出会う様子をイメージします。

 

助けてください/何かお手伝いしましょうか

  • 親指を人に見立て、背後から手を添えるのが「支援する・助ける」、前から手を添えるのが「助けを求める」の意味です。
  • 「何か」は、立てた人差指を顔の横で左右に軽く振って表現します。

 

台風

  • 大風が渦巻いている様子をイメージします。

 

噴火

  • 山から溶岩が噴き出す様子をイメージします。

 

火事

  • 両手で屋根を作った後、片手で炎が上がっている様子を表現します。

 

交通事故

  • 両手で車がぶつかる様子を表現します。

 

警報

  • 警笛が鳴り響く様子をイメージします。

 

けが

  • 両手の人差指で交互に頬を切る動作。

 

痛い

  • 五指をまげて上に向けた手を震わせます。表情も大切です。

 

救急車を呼びます

  • 「急ぐ」は、親指と人差指を直角に開きながら斜め下に動かす。
  • 「救急車」は、赤色灯を回転させた車両が走る様子をイメージします。
  • 「呼ぶ」は、遠くの人を手招きする動作。

警察署

  • 「警察」は、丸めた2指を額に当て、警察章を表します。

 

消防署

  • 「消防」は、ホースの筒先を持って放水するのをイメージします。

 

病院

  • 「医療」は、脈を計る動作で表します。

 

(撮影協力、一般社団法人山梨県聴覚障害者協会)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:企画推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1460   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について