トップ > くらし・防災 > 防犯・交通安全 > 保安管理 > 保安管理その他 > 使用しない高圧ガスボンベの処分(廃棄)について

更新日:2020年8月20日

ここから本文です。

使用しない高圧ガスボンベの処分(廃棄)について

令和2年8月16日に、南アルプス市内で長期にわたって使われずに倉庫に保管されていたヘリウムガスボンベが破裂し、倉庫の壁や隣接する家屋が破損する事故がありました。

ガスボンベの破裂原因は現在調査中ですが、適切に保管をすることが重要です。

 

使わなくなった高圧ガス容器については、放置せず、購入した販売店に連絡し引き取りを依頼しましょう。

販売店が不明な場合には、容器に記載してある所有者に連絡し、引き取りを依頼しましょう。

購入した販売店も容器の所有者も分からないときは、高圧ガス販売業者に相談しましょう。

 

なお、高圧ガス容器は、日の当たる場所など気温が40度以上となる場所に保管すると、容器の中のガスが噴き出す危険性があるため、涼しい場所に保管しましょう。また、屋外に放置すると雨水等で容器が腐食し、破裂するおそれがあります。

 

(参考)容器の取り扱いについて(高圧ガス保安協会ホームページ)

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局消防保安課 担当:保安管理担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1434   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について