更新日:2018年7月6日

ここから本文です。

大月市の遺跡

0013塩瀬下原遺跡-敷石住居-2005年8月10日~2005年8月16日

0083塩瀬下原遺跡-土器・石器-2007年2月15日~2007年2月20日

0227塩瀬下原遺跡-石皿-2010年2月24日~2009年3月2日

0063大月遺跡-敷石住居-2006年9月7日~2006年9月13日

0215大月遺跡-クリの炭化種子-2009年11月18日~2009年11月25日

0314大月遺跡-石器-2011年11月25日~2011年11月29日

0138原平遺跡-縄文時代早期末の住居-2008年4月30日~2008年5月7日

0279御所遺跡-奈良・平安時代の竪穴住居跡-2011年3月2日~2011年3月8日

0472花咲用水関連遺跡-花咲用水-2017年10月6日~2017年10月20日

 

塩瀬下原遺跡の大きな甕

遺跡の内容

縄文時代の十字型敷石住居写真1十字型敷石住居跡

 

塩瀬下原遺跡は、大月市梁川町塩瀬下原地内にあり、現在、桂川流域下水道終末処理場が建設されています。この遺跡は、十字形に平石が敷かれた縄文時代の建物跡(たてものあと)(写真1)が発見されたことで知られています。(トピックスNo.0013・0083)しかし、縄文時代以外にも、人が生活した痕跡があったのです。それは、今から900~1000年ほど前のもので、地面を掘った穴の跡や石を並べて列状にしたもので、1か所だけ遺物がまとまって発見された遺構がありました。これが、25号焼土遺構となづけたものです。

 

所在地 山梨県大月市塩瀬下原地内

時代 縄文時代中期末~後期・平安時代

報告書 山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第191集2001年3月塩瀬下原遺跡(第4次調査)

調査機関 山梨県埋蔵文化財センター

塩瀬下原遺跡の調査区風景と調査地点写真2調査区近景(中央の2階建てのプレハブの奥が調査地点)

25号焼土遺構から発見された大きな甕

色はグレー、ザラザラした手触りの35点ほどの破片が、写真3の状態で見つかりました。細かく割れた破片を一か所にまとめた感じで、破片の周辺には、炭化した木材がたくさんありました。これを接合してみると、写真4のような、大きな甕に復元できたのです。残念ながら、完全な形にはなりませんでしたが、口縁部から胴部の形がわかるもので、大きさは、現状の高さ33.5cm、胴部の最大径70.6cmになります。当時は、愛知県渥美半島で焼かれた甕に似ていて、甕によくある器面を叩いて調整する技法から、900年ほど前のものと判断されました。でも・・・

塩瀬下原遺跡での甕の出土状況写真3甕の出土状況

塩瀬下原遺跡の復元した甕写真4復元した甕

900年前?1500年前?

実は、この甕のそばから見つかっている2点の炭化材から年代を測定する作業をしていました。その結果が、約1560年前と約1450年前だったのです。えっ!!これはどうゆうこと?

900年前の中世渥美窯で焼かれた甕と思っていたのに、1500年前の古墳時代の須恵器である可能性が出てきてしまいました。

発掘調査から20年。報告書から過去の調査を見直して見つかった矛盾・・・。

お恥ずかしいことですが、もう一度、甕の産地と年代について調べ直すことにしました。その結果は、次の機会にご報告します。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について