トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックス一覧 > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNO0310中世の吉田宿

更新日:2016年2月25日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNO0310中世の吉田宿

富士吉田市の遺跡

  • 0310中世の吉田宿-古吉田-
  • 0341史跡富士山-震災復旧工事-  
  • 0376吉田口登山道-馬返し地点-  
  • 0387吉田口登山道-旧登山道-

0310吉田宿1

【図1古吉田宿と上吉田宿】

 

試掘調査が行われた旧吉田保険事務所跡地の周辺(図1)は、中世(室町時代)の古吉田宿が形成され、「千軒ノ在所」と言わる御師(おし)を中心とした賑やかな町場が形成されていた地域ですが、元亀3年(1572年)に集落・寺をあげて上吉田宿に移転しています。移転に際しては、綿密な町割りと屋敷割りがおこなわれ、寺社が計画的に配置され、新しい宿は道を挟んで短冊状に地割りされ、道より東側の東町には31軒、西側の西町には39軒の合計70軒に御師や神職・商人・職人などが住み、富士山への登拝拠点としての町場が再形成されたとされています。
この移転の理由については、「雪代(ゆきしろ):春先の急激な気温上昇にともなって起こる融雪による土石流」による災害を避けるためといわれています。


0310吉田宿2

【写真2雪代(土石流)と大室スコリア】

 

富士山の雪代に関する記録上の初見は、富士山北麓の出来事を記した『勝山記(妙法寺記)』で、天文14年(1545)2月、同23年(1554)正月、永禄2年(1559)正月の3回の雪代について書かれています。
今回の試掘調査で大室スコリア(今から約3300年前の縄文時代後期に噴火した富士山の火山灰)と推定される層の上から確認された土石流で堆積した層(写真2)は、この『勝山記』に書かれた雪代の記録と対応する可能性もあります。

【試掘調査データ】


◆所在地山梨県富士吉田市上吉田字古吉田848番地1(旧吉田保健事務所跡地)
◆調査機関山梨県埋蔵文化財センター
◆調査期間平成23年7月25日~26日

0310吉田宿3

【写真2三つ峠から見た富士山】

 

 

富士山は、噴火や雪代などによる生命や財産を奪うなど人々の生活に大きな影響を及ぼしますが、広大な山麓と平野、肥沃な土壌、豊富な水資源などの恵みをもたらしてくれます。災害と恵みの表裏一体の関係の中で生活する、富士山麓の暮らしです。
富士山については、近年の発掘調査などにより雪代をはじめ火山災害などの実態が明らかになりつつあります。約1,140年前に起きた貞観地震の再来といわれる東日本大震災の発生により、過去の災害を把握し防災へ活かすことの重要性が改めて指摘されています。

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について