トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0217経塚古墳

更新日:2016年2月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.217経塚古墳(きょうづかこふん)-内部構造

笛吹市の遺跡

  • 0014経塚古墳-復元古墳-
  • 0217経塚古墳-内部構造-
  • 0251経塚古墳-石室の石積み-
  • 0280経塚古墳-列石-
  • 0396経塚古墳-八角形の意味-
  • 0019桂野遺跡-石皿・磨石-
  • 0100桂野遺跡-陥し穴-
  • 0111桂野遺跡-前期土偶-
  • 0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
  • 0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
  • 0020四ツ塚古墳群-玉類-
  • 0235四ツ塚古墳群-装身具-
  • 0022狐原遺跡-墨書土器-
  • 0059平林2号墳-副葬品-
  • 0079平林2号墳-青銅鏡-
  • 0102平林2号墳-ガラス玉-
  • 0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
  • 0240平林2号墳-勾玉-
  • 0337平林2号墳-勾玉-
  • 0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
  • 0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
  • 0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
  • 0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
  • 0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
  • 0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
  • 0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
  • 0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
  • 0406花鳥山遺跡-耳飾り-
  • 0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
  • 0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
  • 0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
  • 0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
  • 0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
  • 0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
  • 0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
  • 0307一の沢遺跡-縄文土器-
  • 0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
  • 0150稲山遺跡-発掘調査速報-
  • 0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
  • 0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
  • 0209稲山遺跡-常滑甕-
  • 0229稲山遺跡-すり鉢-
  • 0288稲山遺跡-かわらけ-
  • 0151三光遺跡-発掘調査速報-
  • 0166三光遺跡-発掘調査速報5-
  • 0171三光遺跡-発掘調査速報6-
  • 0186三光遺跡-耳飾り他-
  • 0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
  • 0284二之宮遺跡-置きカマド-
  • 0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
  • 0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
  • 0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
  • 0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
  • 0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
  • 0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
  • 0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
  • 0371太鼓畑遺跡-調査概要-
  • 0382六ッ長遺跡-調査概要-

遺跡詳細

3世紀中頃から8世紀初めにかけて、全国各地に大小さまざまな古墳が造られ、その数は二十万基ともいわれています。この中の、後期から終末期にあたる6世紀から8世紀初頭にかけての古墳は、県内では、甲府市北部と金川扇状地上などに古墳群と呼ばれるグループを作りまとまりをもって分布しています。7世紀前半に造られたと考えられている経塚古墳もこの金川扇状地上に位置しています。

平成6年度に発掘調査され「八角形墳」であることのほかにも、古墳を造る際の技法に地域性がみられる興味深い成果も得ることができました。(八角形墳については→遺跡トピックスNo.0014をご覧ください。)

所在地:笛吹市一宮町国分字経塚1133

時代:古墳時代後期

報告書:山梨県埋蔵文化財センター報告書第109集1995(H7)刊

調査機関:山梨県教育委員会山梨県埋蔵文化財センター

0217_復元後の経塚古墳全景

〈写真〉復元後の経塚古墳全景

0217_発掘調査風景

〈写真〉発掘調査風景

墳丘造りの特色

0217_表土除去後の様子

〈写真〉経塚古墳全景(表土除去後の状況)

調査が始まって、古墳を覆っている表土が取り除かれていくと写真のように自然石に覆われた状況が現れてきました。続いて墳丘を解体していくにしたがって内部にも人の頭ほどの大きさの自然石を組み合わせた平面から見ると八角形の石積みが発見されました。この結果、古墳の裾を取り巻いている石積み・石室を造っている石積み、それぞれが独立した構造物であることと、これらの間は、この地域で容易に入手できる砂質土と小型の自然石が堅く突き固められていることが判明しました。さらに、傾斜の低い北側には、裾を補強する意味の直線に並ぶ列石も確認されています。これは、他地域では見られない古墳造りの特徴のひとつといえるものでしょう。

0217_内部の状況模式図0217_玄室内の状況

〈左図〉内部の状況模式図〈右写真〉玄室内の状況

0217_石列の設置状況

〈写真〉古墳の裾を押さえる石列の設置状況

県内に限らず、ほかの地域でも、横穴式石室を持つ古墳の多くは、墳丘の崩れやすい砂質土ではなく、比較的突き固めが容易な粘質土(赤土のように粘り気のある土)を使うのが普通です。しかし、この地域にある土の大半が砂質土であり、粘質土を手に入れようとすれば、金川上流にまで目を向けなくてはならず、非常な労力が必要となります。このため、砂質土を上手に利用する工夫がなされたのかも知れません。また、近くに造られたほかの古墳についても、裾に石積みを持って砂質土を墳丘に使っているものが少なくないところなど地域性が十分に感じ取れるものです。

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について