トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0014経塚古墳

更新日:2016年2月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0014経塚古墳(きょうづかこふん)

笛吹市の遺跡

0014経塚古墳-復元古墳-
0217経塚古墳-内部構造-
0251経塚古墳-石室の石積み-
0280経塚古墳-列石-
0396経塚古墳-八角形の意味-
0019桂野遺跡-石皿・磨石-
0100桂野遺跡-陥し穴-
0111桂野遺跡-前期土偶-
0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
0020四ツ塚古墳群-玉類-
0235四ツ塚古墳群-装身具-
0022狐原遺跡-墨書土器-
0059平林2号墳-副葬品-
0079平林2号墳-青銅鏡-
0102平林2号墳-ガラス玉-
0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
0240平林2号墳-勾玉-
0337平林2号墳-勾玉-
0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
0406花鳥山遺跡-耳飾り-
0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
0307一の沢遺跡-縄文土器-
0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
0150稲山遺跡-発掘調査速報-
0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
0209稲山遺跡-常滑甕-
0229稲山遺跡-すり鉢-
0288稲山遺跡-かわらけ-
0151三光遺跡-発掘調査速報-
0166三光遺跡-発掘調査速報5-
0171三光遺跡-発掘調査速報6-
0186三光遺跡-耳飾り他-
0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
0284二之宮遺跡-置きカマド-
0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
0371太鼓畑遺跡-調査概要-
0382六ッ長遺跡-調査概要-

経塚古墳は、笛吹市一宮町に所在する、古墳時代後期(7世紀前半頃)に造られた古墳です。1994(平成6)年に森林公園建設事業に伴って発掘調査を実施しました。この調査で、八角形の平面図をもつことが明らかになり、県内唯一のたいへん貴重なものとして県史跡に指定されました。そして、復元整備されることとなりました。復元された古墳は、山梨県森林公園金川の森の内で公開され、現在でもその姿を見ることができます。

 

所在地:笛吹市一宮町国分字経塚[山梨県森林公園金川の森内]

時代:古墳時代

報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第109集1995年(平成7年)刊行

調査機関:山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

墳丘(正面より)作業

〔写真〕

(左)墳丘(正面より)

墳丘:直径約13m、高さ約2,2m石室:長さ6.6m、幅1.2~1.6m、高さ1.2~1.6m

(右)調査の様子

出土した遺構・遺物

経塚古墳は、八角形の墳丘に両袖型横穴式石室を持つ古墳です。また、遺体や副葬品を納めた石室も中央部に膨らみのある「胴張り」の構造をとっています。

八角形の石列を造る際、中心から八方向に等距離を計ります。そして、その計った8ヶ所に目印の石を置き、その目印も石の間に石を並べ、造っていくことが予測できます。

外護列石・中段列石・石室墓底部石検出状況かぐらさんa

〔写真〕

(左)発掘が完了した状況(外護列石・中段列石・石室墓底部石検出状況)

(右)「かぐらさん」による石室解体

 

この調査では、実験的な試みとして石を動かす伝統的な技法である「かぐらさん」を用い、クレーンなどの現代の機械を使わない解体調査を行いました。

「かぐらさん」とは、いわゆる轆轤(ろくろ)のことで、大木や石など重いものを引き上げる時に使います。二ツ又を組んで、石に綱を掛け、「かぐらさん」を巻いていくと、二ツ又に取り付けられた滑車に吊られた石が持ち上がります。

整備天井石完了

調査結果からの復元図経塚古墳

〔写真〕

(左上)石室天井石設置状況、(右上)石室天井石設置完了(上空より)

(左下)調査結果からの復元図、(右下)復元整備された現在の古墳(正面斜め左より)

 

経塚古墳の復元整備は、まず既存の破損していた墳丘及び石室石積等を解体し、その後再構築しました。可能な限り、往時の工法で古墳を再現することを目標にし、復元整備を行いました。

経塚古墳の周辺にはたくさんの古墳がありましたが、現在まで、姿をとどめているものはごくわずかです。そんな中でこの古墳は、復元整備され保存された貴重な存在です。

鉄斧甲斐型坏

〔写真〕

(左)鉄斧長さ4,3cm、幅約3,7~3,9cm、厚さ2,0cm、重量97.90g、(右)甲斐型坏出土状況

 

経塚古墳の遺物は、残念ながら盗掘によって、築造時のものと推測されるものは鉄斧だけです。その他、後世の遺物として甲斐型土器の坏など(平安時代)が出土しました。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について