ホーム > 山梨県CDCからのお知らせ > 情報発信 > 分析・発信資料(YCDCレポート)

更新日:2021年11月4日

ここから本文です。

分析・発信資料(YCDCレポート)

新型コロナウイルス感染症事例の予防とポイント

本県における新型コロナウイルス感染症の感染状況を分析し、具体的な事例と感染予防のポイントをまとめました。

 事例の予防とポイント改訂版(令和3年5月)

症状の分析を加えた改訂版(令和3年5月)を作成しました。詳しくは、こちらをごらんください。

210514cvreport1

210514cvreport2

210514cvreport3

210514cvreport4

感染事例の予防とポイント(令和3年5月版)(PDF:920KB)

ページの先頭へ戻る

 事例の予防とポイント改訂版(令和3年2月)

症状の分析を加えた改訂版(令和3年2月)を作成しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

感染事例の予防とポイント(令和3年2月版)(PDF:500KB)

ページの先頭へ戻る

 事例の予防とポイント(令和3年1月)

本県における新型コロナウイルス感染症の感染状況を分析しました。家庭や職場における感染予防の学習・啓発活動などに、ぜひご活用ください。詳しくはこちらをご覧ください。

感染事例の予防とポイント(令和3年1月版)(PDF:481KB)

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症・年代別感染状況

月毎の感染状況の概況を年代別にまとめました。

 令和3年10月期概況

2110gaikyou

年代別感染状況(令和3年10月)(PDF:219KB)

  • 月別では、先月(9月期)の622人から大幅に減少し、本年3月(30人)以来の低い水準となった。
  • 若年層の割合が高く、30代までで全体の約59%を占めている。10歳未満の割合は、引き続き高い。

ページの先頭へ戻る

 令和3年9月期概況

2109gaikyou-2

年代別感染状況(令和3年9月)(PDF:109KB)

  • 月別では、622人とこれまでで最多であった令和3年8月の2078人に次ぐ規模。
  • 若年層の割合が高く、30代までで全体の約58%を占めている。10歳未満の割合は引き続き高い。
  • 60代以上の割合は11.7%と、第3波(令和3年1月)時の26.4%と比較し顕著に低下しており、ワクチン接種による効果が現れているものと考えられる。

ページの先頭へ戻る

 令和3年8月期概況

2108gaikyou-2

年代別感染状況(令和3年8月)(PDF:111KB)

  • 月別では、2078人と過去最多であり、これまで最多であった令和3年6月の551人の約3.8倍に増加。
  • 若年層の割合が高く、30代までで全体の6割超を占めている。特に10歳未満の増加がみられる。
  • 60代以上の割合は10.6%と、第3波(令和3年1月)時の26.4%と比較し顕著に低下しており、ワクチン接種による効果が現れているものと考えられる。
  • ワクチン2回接種者の感染者の割合は、6.7%と非常に低い水準。

ページの先頭へ戻る

 

 新型コロナウイルス感染症 第5波(7~9月)の振り返り

令和3年7月から9月にかけての感染拡大について、感染状況等概況や属性別の状況、対策の実施状況等をまとめました。

新型コロナウイルス感染症 第5波(7~9月)の振り返り(本文)(PDF:996KB)

新型コロナウイルス感染症 第5波(7~9月)の振り返り(概要版)(PDF:1,480KB)

第5波振り返り 概要版1(JPG:218KB)

第5波振り返り 概要版2(JPG:187KB)

第5波振り返り 概要版3(JPG:259KB)

第5波振り返り 概要版4(JPG:232KB)

第5波振り返り 概要版5(JPG:220KB)

第5波振り返り 概要版6(JPG:176KB) 

 

ページの先頭へ戻る

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事直轄組織感染症対策グループ 担当:管理・情報
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1321   ファクス番号:055(223)1649

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?