更新日:2019年3月15日

ここから本文です。

定例監査重点事項

定例監査をより効果的に実施するために、重点的に監査を行う事項(以下「重点事項」という。)を決めて監査を行っている。

重点事項は、

  • 定例監査の中で行うことが可能であること。
  • 県民に与える影響が大きい項目であること。
  • 指摘により改善することが可能であること。

等を勘案し、昨年度の監査結果等を基に全庁的に影響があり、特に必要と思われる事項を選定している。

重点事項の監査結果については、すべての監査終了後、別途分析・検討のうえ問題点を整理した後、監査結果を公表し、翌年度以降の事務処理に反映させている。

  • 平成30年度実施分「郵便切手類に係る事務処理は、適切に行われているか。」

実施状況は次のとおり

平成30年度定例監査重点事項実施結果(PDF:173KB)

平成30年度定例監査実施結果に基づく意見(PDF:120KB)

 

  • 平成29年度実施分「備品の取得、管理及び処分は、適切に行われているか。」

実施状況は次のとおり

平成29年度定例監査重点事項実施結果(PDF:15KB)

 

  • 平成28年度実施分「公共料金の支払いに係る自動口座振替事務は、適切に行われているか」は行政監査と併せて実施した。

実施状況は次のとおり

平成28年度定例監査重点事項・行政監査実施結果(PDF:574KB)

 

  • 平成27年度実施分「庁舎等の管理業務及び業務委託契約における長期継続契約は適切に行われているか」は行政監査と併せて実施した。

実施状況は次のとおり

平成27年度定例監査重点事項・行政監査実施結果(PDF:96KB)

 

  • 平成26年度実施分「扶養手当、通勤手当及び住居手当の認定及び認定後の確認は適切に行われているか」は行政監査と併せて実施した。

実施状況は次のとおり

平成26年度定例監査重点事項・行政監査実施結果(PDF:176KB)

 

  • 平成25年度実施分「税外収入未済に対する債権管理は適切か」は以下のとおり

平成25年度定例監査重点事項実施結果(PDF:489KB)

別表「収入未済額の債権別の状況」(PDF:423KB)

 

  • 平成25年度実施分「建設工事における設計及び契約変更は適切に行われているか」は行政監査と併せて実施した。

実施状況は次のとおり

平成25年度定例監査重点事項・行政監査実施結果(PDF:598KB)

 

  • 平成24年度実施分「税外収入未済に対する債権管理は適切か」は、定例監査結果の平成24年度実施分

「平成25年3月5日告示分

P15~17(PDF:1,073KB)

P18~21(PDF:2,315KB)

P22~28(PDF:2,578KB)」に掲載

 

  • 平成23年度実施分「公用自動車の管理状況は適正か」「公共工事における着工前照査は適正か」は、定例監査結果の平成23年度実施分

「平成24年3月15日告示分

P13~P16(PDF:1,741KB)

P17~P19(PDF:2,455KB)

P20~P25(PDF:2,358KB))」に掲載

 

  • 平成22年度実施分「物品購入等の契約、検収、支払い等は適正か」「事務機器のリース契約は適正か」は、定例監査結果の平成22年度実施分

「平成23年3月10日告示分

3(PDF:2,022KB)

4(PDF:1,687KB)」に掲載

 

  • 平成21年度実施分「物品購入等の契約、検収、支払い等は適正か」は、

平成21年度定例監査重点事項(PDF:2,013KB)

「平成22年3月19日告示分1(重点事項実施結果)(p4からp8)」に掲載

 

  • 平成20年度実施分「長期の収入未済に対する債権管理」は、

平成20年度定例監査重点事項(PDF:2,236KB)

「平成21年3月19日告示分1(重点事項実施結果)(p5)」に掲載

 

  • 平成19年度実施分「資金前渡に係る事務処理が適切に行われているか」「公共工事の施工管理が適正に行われているか」は、

平成19年度定例監査重点事項(PDF:1,256KB)

「平成20年3月19日告示分1(重点事項実施結果)(p5)」に掲載

 

  • 平成18年度実施分「単独随意契約に関する事務は適正に行われているか」「公共工事の施工管理が適正に行われているか」は、

平成18年度定例監査重点事項(PDF:2,955KB)

「平成19年3月12日告示分(重点事項実施結果)(p3からp8)」に掲載

 

  • 平成17年度定例監査重点事項

資金前渡に係る事務処理が適切に行われているか。

公共工事の変更契約は適正か。

 

  • 平成16年度定例監査重点事項

公法上の債権で、債権消滅したものが不納欠損処分されているか。

公共工事の変更契約は適正か。

 

  • 平成15年度定例監査重点事項

長期の収入未済に対する債権管理は適正か。

物品(コヒ゜ー用紙)の購入価格は適正か。

公共工事の変更契約理由は適正か。

 

  • 平成14年度定例監査重点事項

単独随意契約の理由は適正か。

補助金の実績報告確認事務は適正か。

公共料金(電気料)は期限内に納付されているか。

物品(消耗品)の購入価格は適正か。

公共工事の契約変更理由は適正か。

 

  • 平成13年度定例監査重点事項

物品(消耗品)の購入単価等は適正か。

物品(備品)の管理は適正か。

工事(コンクリート工,土工)の積算及び部局間,事業間における計画の調整は適正か。

 

平成17年度以前の結果については、「このページに関するお問い合わせ先」により監査委員事務局までご連絡をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県監査委員事務局 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1824   ファクス番号:055(223)1818

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について