トップ > まちづくり・環境 > 道路 > 道路整備 > 山梨県道路冠水危険箇所について

更新日:2011年7月26日

ここから本文です。

山梨県道路冠水危険箇所について

道路冠水危険箇所とは、道路や鉄道などの下をくぐり抜けるように通っている箇所(アンダーパス部)など、周辺地盤より道路の高さが局部的に低くなっている箇所をいいます。

この道路冠水危険箇所においては、流れ込んだ雨水を道路外に排出するためのポンプ施設等を有る箇所もありますが、局地的な大雨により、降雨量がポンプや排水路の排水能力をを超えた場合に冠水が発生します。

こうした箇所では、周辺地盤より高さが低いため、相当な深さで冠水する恐れがあります。

 

山梨県内で全15箇所を指定。(国管理道路1箇所、県管理道路7箇所、市町村管理道路7箇所)平成23年4月1日現在

 地図はこちら(道路冠水注意箇所マップ)(PDF:2,793KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部道路管理課 担当:道路管理担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1695   ファクス番号:055(223)1699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について