トップ > 県政情報・統計 > 知事 > 前進!やまなし こんにちは。知事の長崎です。 > 知事の動き > 災害時、電力不足が想定される避難所に駆けつけて電気を給電~災害時等における電気自動車の活用に関する協定締結式~

更新日:2020年9月15日

ここから本文です。

災害時、電力不足が想定される避難所に駆けつけて電気を給電~災害時等における電気自動車の活用に関する協定締結式~

知事画像20200915_11

知事画像20200915_12

令和2年9月15日(火曜日) 午後1時30分~ 防災新館会議室・県民ひろば

本日、山梨県と日産自動車(株)、甲斐日産自動車(株)、日産プリンス山梨販売(株)による「災害時等における電気自動車の活用に関する協定」の締結式が執り行われ、長崎知事も出席いたしました。今回の締結では、山梨県内の避難所が、大規模な災害などにより停電した際の非常用電源として、また、ガソリンが入手困難な際の移動手段として、甲斐日産自動車(株)、日産プリンス山梨販売(株)の所有する電気自動車をお借りして、活用させていただく、というものです。締結後、長崎知事は「電力の安定供給は、命にかかわる場合もあり、重要な問題です。必要な場所に駆けつけて電気を給電する、電気自動車に対する期待は極めて大きいものがあります」と述べました。締結式のあと、県民ひろばにおいて、電気自動車を活用した給電のデモンストレーションが行われ、長崎知事が車体に機器をつなぐと、スマホへの充電をはじめ、扇風機が動いたり、電気湯沸かし器の水を沸騰させたりしました。