トップ > 組織から探す > 文化振興・文化財課 > 山梨県内の記録保存のための埋蔵文化財発掘調査における民間調査組織の利用について

更新日:2020年5月19日

ここから本文です。

山梨県内の記録保存のための埋蔵文化財発掘調査における民間調査組織の利用について

令和2年度:民間調査組織の利用について

 山梨県において、令和2年度に「山梨県内民間調査組織一覧表」への掲載を希望する、埋蔵文化財の発掘調査を目的とする(部門を有する)会社、法人等の組織は、次の関係書類(様式1-1~1-4、その他資料《会社概要パンフレット等》)について観光文化部文化振興・文化財課に提出する必要があります。

様式1 民間調査組織概要書等について(様式1-1~1-5)(エクセル:67KB)

審査基準について 山梨県内の記録保存のための埋蔵文化財発掘調査に係る民間調査組織の利用における調査主体者及び発掘担当者の審査基準(PDF:150KB)

参考:利用に関する指針 山梨県の記録保存のための埋蔵文化財発掘調査における民間調査組織の利用に関する指針(PDF:338KB)

令和2年度の審査結果

 令和2年度の審査結果(PDF:81KB)

利用開始までの流れ

民間調査組織審査の流れ

基本的な考え方

 平成28年度より山梨県では、現地に埋蔵文化財を保存できない場合の代替措置として行われる記録保存目的の発掘調査については、適切な調査能力のある民間調査組織が主体となり、地方公共団体の監理のもとに、発掘調査を実施することができるものとします。

対象

民間調査組織について

埋蔵文化財の発掘調査を目的に設立された株式会社、財団法人、NPO法人等の法人組織、ほかの事業目的のために設立された株式会社等の法人組織で、埋蔵文化財の発掘調査を目的とする部門を有する組織を対象とします。

適用範囲について

文化財保護法第93条第2項の規定による指示および文化財保護法第94条第4項の勧告に基づいて行う、埋蔵文化財の記録作成のための発掘調査に限定されます。

民間調査組織を利用することができるのは、次の各号のすべてに該当する場合に限定されます。

 1.当該する埋蔵文化財包蔵地の所在市町村教育委員会に埋蔵文化財専門職員が配属され、発掘調査に対応できる体制があり、なおかつ民間調査組織の発掘調査を適切に監理することができる体制が整備されている。

 2.当該する埋蔵文化財包蔵地について、試掘調査等が実施され、発掘調査の必要な範囲・面積、深度、文化面数、出土が想定される遺構・遺物の時期・密度・数量などが事前に把握されている。

 3.当該する埋蔵文化財包蔵地の所在市町村教育委員会の発掘調査体制では発掘調査が著しく遅滞し、または短期的な発掘調査の急増などの理由により現在の体制では調査の遅延等が予想されている。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 担当:埋蔵文化財担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1791   ファクス番号:055(223)1793

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について