トップ > 農業経営の法人化について

更新日:2017年10月4日

ここから本文です。

農業経営の法人化について

農業経営を法人化すると

  • 農業経営を法人化すると、経営管理能力の向上・対外信用力の向上・経営発展の可能性の拡大・経営継承の円滑化・税制度における節税等のメリットがあります。一方で、法人税等の新たな負担も生じることから、現在の経営状況をきちんと把握・分析した上で、経営の法人化について判断することが必要です。

県の支援体制

  • 県では、各農務事務所で農業経営の法人化に向けた相談対応を行っています。また、必要に応じて、県事業により税理士や社会保険労務士等の専門家の指導を受けることができます。
  • 問い合わせ先(ページリンク)

 中北農務事務所

 峡東農務事務所

 峡南農務事務所

 富士・東部農務事務所 

研修会の開催

  • 県では、農業経営の法人化の手順や優良事例等を紹介する研修会を年2回の頻度で開催しています。
  • 詳細は下記のページでご案内していますので、事前にお申し込みの上、ぜひご参加ください。 
  • 平成29年度農業経営法人化研修会の開催について

その他

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農業技術課(担い手・農地対策室) 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1621  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について