トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 農業振興 > 農山村活性化 > 山梨県中山間ふるさと・水と土保全対策事業(ふるさと・水と土基金、棚田基金)

更新日:2017年3月6日

ここから本文です。

山梨県中山間ふるさと・水と土保全対策事業(ふるさと・水と土基金、棚田基金)

基金概要

条件不利地である中山間地域の農業の振興を図るため、農業用用排水路やため池、農道等の土地改良施設の機能を適切に発揮させる必要があります。

そこで、基金を造成した果実(運用益)により、各種のソフト事業を実施し集落共同活動の支援強化や地域の中心的リーダーとなる人材の育成を行い、土地改良施設の多面的機能の発揮や中山間地域の農業・農村の活性化を図ります。

hyoushi

 

 

主な事業

 

花の郷こせえるじゃん甲斐プロジェクト

山梨特有の農村景観や食文化、伝統文化等のあらゆる地域資源を十分に活かした、都市農村交流に向けた地域づくりに目指して、耕作放棄地を活用し、四季折々の景観作物の種をまく活動に支援しています。

 

hananosato1

hananosato3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hananosato2

hananosato4 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開 花 状 況

 

てんだうじゃん甲斐プロジェクト

非農家、都市住民、学校、NPO法人等の多様な団体と連携し、組織による地域の保全活動の自立をはかるため、有志により地域活動への支援を行うボランティア組織「てんだうじゃん甲斐」を設立し、新たな組織の形成や継続的な活動のきっかけづくりとなるように協力・支援を行っています。

tendaujyan

 てんだうじゃん甲斐プロジェクトの概要

 

tendaujyan6tendaujyan8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水路の石積みの補修 空き農園を利用したサツマイモ栽培

tendaujyan5

tenndaujyan4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 田植え体験 稲刈り体験

田んぼの生き物調査

農業用用排水路やため池、水田などは農業生産のための施設であると同時に、多くの魚類等の繁殖生息の場ともなっています。
 環境との調和に配慮した土地改良施設の整備を的確に進めていくために、水田周辺の生態系の実態を把握すると共に、より良い生態系の保全・形成手法を開発するため各種環境調査を実施しています。
 調査は地域住民・小中学校等と連携実施することで、地域資源である農業用用排水路やため池等の土地改良施設の役割や自然環境との関わりについての学習並びに意識啓発を行っています。

 

ikimonotyousa5

ikimonotyousa4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ikimonotyousa1

ikimonotyousa2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調 査 実 施 状 況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部耕地課 担当:計画調整担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1630   ファクス番号:055(223)1624

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について