更新日:2015年8月25日

ここから本文です。

刊行物のご案内

こころの発達総合支援センターで発行した冊子や、その購入方法についてご案内します。

有償刊行物

以下の冊子は、山梨県県民情報センターにてお買い求めいただけます。

精神発達に関する早期把握早期支援のための幼児健康診査マニュアル

健診マニュアル表紙

乳幼児健診は、子どもたちの心身の健康を把握することを目的として始められ、長年にわたって我が国の地域保健行政の重要な拠点となってきました。近年では、社会構造の変化に伴い、乳幼児健診は単なる健康状態の把握にとどまらず、広く行政による育児支援の場として位置づけられるようになっています。

このマニュアルでは、実際の健診の場で担当者が適切に運用できることを目的として、健診の項目の紹介と実施方法について述べています。さらに、その背景となる発達心理学及び児童精神医学の理論についても紹介しており、母子保健や児童福祉に関わる職員が子どもの乳幼児期の発達とその異常について学ぶテキストブックとしても活用していただける内容となっています。さらに、県内における子どもと家族への支援体制に関する情報も記載しています。

(「はじめに」より抜粋)

中等教育段階におけるキャリア教育の試み「就労支援ワーク」テキスト

就労支援ワーク表紙

「就労支援ワーク」は発達障害の人たちが中学生・高校生のうちに将来の就労に関する知識を得て社会参加の意欲を高めることをねらいとしたプログラムです。もともとは親や地域の支援者たちの有志による取り組みとして平成19年から行われていましたが、平成25年度からは、こころの発達総合支援センタの事業である「思春期将来展望形成プログラム」の一環として行うことになりました。県内の特別支援学校教諭、障害者就業・生活支援センターなど就労支援関係者、そして親の会が集まって実行委員会を作り、企画・運営を担っていただくことにより、思春期以降の発達障害の人たちに対する地域の支援体制へのつなぎの場としても位置づけるようにもしています。

今後、県内各地で同様の取り組みが広がっていくために、これまで行ってきた就労支援ワークの取り組みをテキスト化することにしました。

(「はじめに」より抜粋)

 

  • 上記の購入方法につきましては、県民情報センターのホームページをご覧ください。
    行政資料(刊行物)の有償頒布-山梨県県民情報センター(購入方法へのリンク)
  • こころの発達総合センターでは、直接販売や手続きの仲介はしていません。
  • 数には限りがあります。残数につきましては県民情報センターへご確認ください。また、再発行やホームページ上への掲載予定はありませんのでご容赦ください。

その他刊行物

発達障害の人たちの支援に関わる専門家のための研修テキスト(平成25年3月作成)

 

発達障害のある人たちの支援に関わる専門家の養成を目的として、実践的知識をまとめたテキストを作成しました。

(平成24年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業による)

冊子での頒布はしていません。右記よりダウンロードしてご利用ください

  1. 総論編(PDF:486KB)
  2. 幼児期編(PDF:613KB)
  3. 学齢期編(PDF:555KB)
  4. 思春期編(PDF:386KB)
  5. 成人期編(PDF:323KB)

ページの先頭へ戻る

こころの発達総合支援センターtopへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部こころの発達総合支援センター 
住所:〒400-0005 甲府市北新一丁目2-12山梨県福祉プラザ 4階
電話番号:055(254)8631   ファクス番号:055(254)8632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について