更新日:2015年8月25日

ここから本文です。

発達障害とは

  • 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)などで、低年齢において発現するものです。
  • 原因は脳の働き方の違いによるもので、心の病気や育て方によるものではありません。
  • 周囲の皆様の正しい理解と適切な支援により、社会生活への適応が期待できます。

それぞれの障害により状況は違いますが・・・・・・こんな特徴がみられることがあります。

  • 視線が合いにくい、呼んでも知らん顔、ひとり遊び(対人関係)
  • 言語発達の遅れ(コミュニケーション)
  • 変化を嫌う、特定の物へのこだわり、偏食(こだわり)
  • マイペースで指示に従わない。無理強いするとかんしゃくを起こす。
  • 勝手な行動をする。
  • 友達と遊べなかったり、集団活動に参加できない。
  • 自分の気持ちをうまく伝えられず、かんしゃくを起こす。
  • 本人なりの手順や遊び方にこだわる。
  • 興味のあることを一方的にしゃべり、やりとりにならない。
  • 読む、書く、計算するなどの一部だけが苦手。
  • 多動で落ち着きがなく、衝動的な行動をする。
  • 音や痛みなどの感覚に敏感だったり、逆に鈍感だったりする。

文部科学省の調べでは、特別に支援が必要な人は小中学校の通常学級で学ぶ子どもの6.3%をしめ、全国で約68万人にものぼるといわれています。例えば、1学年100人3クラスの場合、1クラスに2人くらいは発達障害の子どもたちがいることになります。けっして、めずらしい障害ではないのです。

 

こころの発達総合支援センターtopへ戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部こころの発達総合支援センター 
住所:〒400-0005 甲府市北新一丁目2-12山梨県福祉プラザ 4階
電話番号:055(254)8631   ファクス番号:055(254)8632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について