更新日:2016年12月8日

ここから本文です。

登録品種情報 醸造用ブドウ

モンドブリエ 

モンドブリエ果実写真交雑組合せ:シャルドネ×カユガ・ホワイト
 白ワイン用の醸造専用品種である。果房は有岐円錐形で170グラム程度である。果粒は有核、円形で2.8グラム程度である。果皮は黄緑色である。糖度は23%程度と高く、酸度0.7~0.8%程度である。べと病耐病性を有し、親のカユガ・ホワイトと同程度である。果実はマスカット香を有する。成熟期は9月下旬から10月上旬であり、甲州よりやや遅い。東北地方での試験栽培でも栽培性に問題がなく、耐寒性があると判断される。
ワインは香りが豊かで、ワイン品質検討会での評価は高い。

アルモノワール 

アルモノワール交雑組合せ:カベルネ・ソーヴィニヨン×ツヴァイゲルトレーベ

赤ワイン用の醸造専用品種である。果房は有岐円錐形で220グラム程度になる。果粒は有核、短楕円形で2.0グラム程度である。果皮は紫黒色で果粉は多い。育成地における糖度は18.8程度であるが、北海道のような寒冷地においても同等に糖度が上昇する。しかし、温暖な地域では糖度が低い傾向が認められる。酸度は0.75%程度である。裂果は認められない。 熟期は育成地において9月下旬であり、メルロより約2週間遅く、カベルネ・ソーヴィニヨンより2週間以上早い。ワインは育成地のカベルネ・ソーヴィニヨンと比較してタンニンが多く、酒色が濃い。また、北海道において、他の耐寒性品種と発芽率が同程度のことから山梨県以北でその特性を発揮できる品種である。

品種登録登録番号:第17797号(2009年3月6日)

ビジュノワール

Y38-1圧交雑組み合わせ:山梨27号(甲州三尺×メルロ)×マルベック

赤ワイン用の醸造専用品種である。果房は有岐円錐形で290グラム程度になる。果粒は短楕円形で2.3グラム程度である。果皮は紫黒色で着色は良好である。糖度は22%程度と高く、酸度は0.6%程度で低い。裂果はほとんど問題にならない。熟期は育成地において9月上旬で、メルロより1週間程早い。収量は10aあたり1.6t程度である。温暖地域においても酒色が濃厚であり、寒冷地でも成熟可能である。ワインはメルロやカベルネ・ソーヴィニヨンと比較して酸が少なくまろやかで、タンニンが多い。また、酒色が濃く味にコクがある。

命名登録登録番号:ブドウ農林23号(2006年10月4日)

品種登録登録番号:第16781号(2008年3月18日)

 

品種登録情報 生食用ブドウ

品種登録情報 モモ・スモモ・オウトウ

過去に登録した品種

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部果樹試験場 
住所:〒405-0043 山梨市江曽原1204
電話番号:0553(22)1921   ファクス番号:0553(23)3814

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について