更新日:2017年2月9日

ここから本文です。

本年の低温積算状況

低温積算は一般的に7.2℃以下の低温に遭遇した時間数で表し、ハウスなどの施設栽培では加温を始める時期の目安としています。

無理なく加温を開始できる低温積算時間は、樹種や品種によって異なり、ブドウでは800~1000時間、モモでは1000~1200時間、オウトウやニホンナシでは1200~1400時間と考えられています。

(実際の加温開始時期の決定にあたっては、最寄りの指導機関にお問い合わせ下さい。)

低温積算状況(7.2℃以下の低温に遭遇した時間、H29年1月31日24時 現在)

観測場所

本年度

昨年度

平年値

甲府地方気象台(標高273m)

1200時間

1021時間

1277時間

果樹試験場

(山梨市江曽原、標高490m)

1378時間

1257時間

1481時間

 

平年値は過去10年の積算の平均値です。 

※本年の情報提供は終了いたしました。 

これまでの経過グラフ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部果樹試験場 
住所:〒405-0043 山梨市江曽原1204
電話番号:0553(22)1921   ファクス番号:0553(23)3814

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について