更新日:2009年1月28日

ここから本文です。

人工気象室

人工気象室

外観

温度、湿度、補光を実験に適した条件に自由に設定することができる施設である。

 

機器は試験個体を入れる実験室本体と、実験室内の環境を制御する操作盤、送風機、冷凍機、電熱ヒーター、加湿器などで構成されている。

 

温度に関しては-15℃~+35℃の範囲で±1.3℃の精度でコントロールすることができる。また、湿度に関しては55~75%の範囲で±10%の精度でコントロールすることが可能である。

 

休眠の試験や果肉障害の原因解明の試験などに利用されるが、いずれの試験も、より精度の高い数値を出すことが可能となる。

 

また、病害虫関係では、人工気象室を使用することによって、環境の変化に弱い病害虫の接種試験や、ウイルス検定用植物を年間を通して供試できる。

 

施設案内図

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部果樹試験場 
住所:〒405-0043 山梨市江曽原1204
電話番号:0553(22)1921   ファクス番号:0553(23)3814

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について