更新日:2017年3月30日

ここから本文です。

 

 

平成28年度外部評価実施状況

1.外部評価の日程

第1回 平成28年8月22日(課題評価)

第2回 平成29年1月23日(課題評価)

 

2.評価対象課題

(1)事前評価対象研究課題(9課題)

1)野菜の作期拡大技術の確立

  スイートコーンの生産拡大に向けた作型開発および栽培改良(H29~31)

2)野菜の作期拡大技術の確立

  再生可能エネルギーを活用した夏秋イチゴの収穫期拡大技術の開発(H29~31)

3)野菜・花きの栽培改良

  夏秋トマトの高品質化・高機能化・省力化栽培技術の確立(H29~31)

4)野菜・花きの栽培改良

  富士山やさい生産に適した低コスト施設による新規栽培法の確立(H29~31)

5)野菜・花きの栽培改良

  山梨ブランド花きの品質向上技術の確立(H29~31)

6)野菜・花きの栽培改良

  特産野菜に含まれる機能性成分および栄養成分の実態把握(H29~31)

7)野菜・花きのオリジナル品種育成と栽培技術の確立

  ピラミッドアジサイの新品種育成(H29~33)

8)鳥獣害防止策の検証

  難防除獣害に対する新技術の開発及び既存技術の効果検証

9)作物・野菜・花き病害虫の防除技術の改善

  携帯情報端末を利用した野菜の病害虫診断サポートシステムの開発(H29~31)

 

(2)中間評価対象研究課題(2課題)

1)野菜・花きの栽培改良

  変温管理による低コスト鉢花栽培技術の確立(H27~29)

2)環境保全型農業の確立

  野菜の有機栽培に適した耕種的管理技術の確立(H26~30)

 

(3)事後評価対象研究課題(6課題)

1)野菜・花きのオリジナル品種育成と栽培技術の確立

  ピラミッドアジサイの新品種育成(H25~28)

2)野菜の作期拡大技術の確立

  平坦地におけるキャベツ、ニンジンの冬期および早春期どり栽培技術(H26~28)

3)野菜の作期拡大技術の確立

  高冷地における冬季のアスパラガス伏せ込み栽培技術の確立(H26~28)

4)鳥獣害防止策の検証

  既存技術の改善による獣害防止効果の向上(H25~28)

5)野菜・花きの栽培改良

  富士北麓地域における夏秋どりスイートコーンの倒伏軽減技術の確立(H26~28)

6)野菜・花きの栽培改良

  富士北麓地域における据え置き株を活用した切り花の新作型開発(H26~28)

 

3.評価結果

第1回課題評価(事前)(PDF:35KB)

第1回課題評価(中間)(PDF:33KB)

第2回課題評価(事後)(PDF:20KB)

第2回課題評価(中間)(PDF:33KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2496   ファクス番号:0551(28)4909

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について