更新日:2012年2月29日

ここから本文です。

改正食糧法について

  改正食糧法の概要

○主食用米の需給と価格の安定を図るためには、加工用米や新規需要米

 (米粉用米・飼料用米等)などの主食用以外に用途が限定された米穀(用

 途限定米穀)を、定められた用途に適切に使用・販売する必要があります。

○このため、平成22年4月に「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法

  律」(食糧法)が改正され、用途限定米穀の用途外使用の禁止などが

  ルール化されました。

米穀の出荷販売を行う生産者も、このルールを守らなければなりません。

用途限定米穀の取り扱いに関するルールについて

  ○用途以外の使用及び販売の禁止
     加工用米や新規需要米(米粉用米・飼料用米等)などの主食用以外に

    用途が限定された米穀を、定められた用途以外に使用し、又は使用す

    る目的で出荷・販売してはいけません。

  ○用途限定米穀の保管
     用途ごとに別棟又は別はいで保管し、用途が明確となるよう「はい票せ

   ん」による掲示を行う必要があります。

  ○用途限定米穀の販売
     包装等に用途を表示するとともに、定められた用途に確実に使用するこ

   とが確認できた需要者に直接、又は需要者団体を通じて販売します。

    (需要者との間で契約書又は誓約書を交わす必要があります。)
     なお、出荷・販売した用途限定米穀の不正使用を知ったときは、速やか

    に関係機関(国・県等)に連絡して下さい。

食用不適米穀の取り扱いに関するルールについて

  ○食用不適米穀について
     食品衛生法の規定により販売当をしてはならない米穀(カビが付着した

    米穀、重金属の基準値を超えた米穀、残留農薬基準を超えた米穀など)

    は、食用不適米穀となります。

  ○食用不適米穀の取り扱いについて
     食用不適米穀が生じた場合(又は明らかとなった場合)は、他の米穀とは

   別棟等で区分保管し、食用不適米穀であることが明らかとなるよう、はい

   票せん」による掲示を行います。また、食用不適米穀は、廃棄もしくは関係

   法令に留意して非食用(飼料米、バイオ燃料等)として適切に処理する必

   要があります。

 

       *詳しくは、食糧法遵守事項の概要(農林水産省)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部食糧花き水産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1610   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について