トップ > 医療・健康・福祉 > 障害福祉 > 障害者雇用・就労・就学 > 山梨県農福連携推進センター

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

山梨県農福連携推進センター

障害のある方が農業に取り組んだり、農家と連携して農作業に取り組む活動は「農福連携」と呼ばれています。

農福連携の推進は、農家の忙しい時期の人手不足の解消や、障害のある方が農業の分野で働くことによる工賃(収入)の向上、豊かな自然の中で土に触れることによる精神的な安定などさまざまな効果が期待されています。

農業と福祉の一層の連携を図り、お互いの課題を共有し、共に解決していくために「山梨県農福連携推進センター」をご活用ください。

お知らせ

最新マッチング情報

竹林の整備(PDF:356KB)

竹林の整備作業時期:12月下旬から2月下旬

作業場所:上野原市

作業内容:竹林の整備

平成30年度マッチング事例

農福連携ガイドブック(平成31年3月 山梨県)

本ガイドブックは、これまで県内各地域で実施された農福連携の取り組み事例等を中心に、作業内容や作業にあたっての注意すべき点などをわかりやすくまとめたものです。農福連携の取り組みへの理解と促進に向けた参考資料としてご活用ください。

農福連携ガイドブック【表紙から第4章】(PDF:2,968KB)

農福連携ガイドブック【第5章】(PDF:3,067KB)

農福連携ガイドブック【第6章から裏紙】(PDF:1,866KB) 

山梨県農福連携推進センターについて 

センター紹介(PDF:418KB)

山梨県農業設備等導入支援事業費補助金(ワード:40KB)

農福連携Q&A(PDF:385KB)

研修会

山梨県農福連携セミナー報告

H30年度農福連携セミナー会場風景H30年度農福連携セミナー報告風景H30年度農福連携セミナーディスカッション風景

日時 : 平成31年3月13日 水曜日 午後1時30分から4時

場所 : 山梨県立博物館第1研修室

参加者数 : 80人

農業者、福祉施設、関係団体、特別支援学校、行政から80人の参加があり、参加者が今後の展開について考えることができる場となることができたと思います。農福連携推進センターも更なる農福連携の発展につなげていく知見を得ることができました。

資料:山梨県農福連携セミナー開催要領(PDF:176KB)

平成31年度果樹技術向上セミナー

開催期間:平成31年5月から平成32年3月

開催場所:東山梨合同庁舎、果樹試験場及び現地圃場

参加料:無料

申し込み:農福連携推進センターまでご連絡ください。

要項:近日中に掲載します。

山梨県障害者就農促進協議会

開催日時:平成31年4月24日(水曜日)午後6時から

 平成31年5月23日(水曜日)午後6時から

(※毎月第4木曜日が定例ですが4月、5月は第4水曜日が開催となっています。)

開催場所:防災新館1F交流室

参加:どなたでも自由に参加できます。

関連情報

山梨県障害者就農促進協議会

全国農福連携推進協議会

農林水産省農と福祉の連携

厚生労働省障害者の地域生活における基盤整備の推進について

厚生労働省と農林水産省が作成したパンフレットです。

「福祉分野に農作業をVer.6」平成30年9月(PDF:3,034KB)

ノウフクJASについて農林水産省のホームページに掲載されています。

障害者が生産行程に携わった食品

障害者が生産行程に携わった食品についての生産行程管理者の認証の技術的基準

障害者が生産行程に携わった食品についての小分け業者の認証の技術的基準

障害者が生産行程に携わった食品の生産行程についての検査方法

農福連携体験モデル事業(平成28・29年度)

平成28年度農福連携体験モデル事業

平成29年度農福連携体験モデル事業(前編)(PDF:3,677KB)

平成29年度農福連携体験モデル事業(後編)(PDF:4,685KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:山梨県農福連携推進センター
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055-223-1361   ファクス番号:055-223-1485

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について