更新日:2019年5月10日

ここから本文です。

消防防災航空隊

はじめに

山梨県は、中部地方に属し、日本列島のほぼ中央に位置しています。県土面積は、4,465㎢であり全国で32番目の大きさですが、山林が県土の大半を占め、平坦地は少なく可住面積割合は約21.1%となっています。
県の北東部には、秩父山系が連なり西部には南アルプスの3,000m級の山々がそびえ、南部には日本一の霊峰富士山、そして北部には八ヶ岳、茅ヶ岳が広い裾野を引いています。唯一県中央部に位置する甲府盆地のみが平地で、盆地の西部にある双葉ヘリポートに隣接して山梨県消防防災航空隊の事務所があります。
当航空隊は平成7年4月に発隊しました。また、機体は平成30年8月にシコルスキー式S-76B(JA‐6748/あかふじ)からシコルスキー式S-76D(JA223Y/あかふじ)へ機体更新されました。

消防防災航空隊の紹介

わくドキやまなし「新型「あかふじ」Take off.」平成30年8月13日(月曜日)18時57分-19時00分(YBS)

消防防災航空隊の運航体制について

消防防災航空隊は室長(県職員)と隊員8名(消防本部からの併任職員)のほか、運航委託先の「株式会社ジャネット・エアーサービス」操縦士3名、整備士4名、運航管理者2名の計18名で構成しています。

勤務は365日体制で、通常12名~15名体制で対応しています。

勤務時間は8時30分から17時15分までですが、緊急活動の場合は日の出から日没までとなっています。

ヘリは年間300時間を目途に運航しています。

耐空検査及び整備等により運航不能又は他の用務のため出動できない場合で、「大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施要綱」の対象となる場合を除くヘリの出場事案が発生した場合に他県の協力を要するため、新潟県・長野県・群馬県・静岡県・埼玉県の5県と相互応援協定を結んでいます。

消防防災ヘリ出動システム

消防防災ヘリの出動システムとしては、事故・災害が発生した場所を管轄する消防本部(山梨県内に10消防本部)又は、市町村からFAXによって送られる「消防防災航空隊出動要請書」により要請を受け出動することとしています。
しかし、ケースによっては、山小屋の管理人等から電話で直接要請される事もあり、その場合、事後になるが所轄の消防本部から出動要請書を受領しています。
また、山梨県には消防防災ヘリと県警ヘリがありますが、県警ヘリが耐空検査時等で出動が不可能な場合など、山岳及び河川等での要救助者の救助活動や捜索活動の要請を県警から受け出動する場合もあります。

緊急運航連絡系統図

 1

山梨県消防防災ヘリコプター『あかふじ』

 

シコルスキー式S-76D型

機体全長(ローターを含む) 15.97m前

胴体長 13.22m

全幅 3.05m

全高 4.41m

ローター径 13.43m

最大離陸重量 5,386kg

空虚重量 3,576kg

有効積載重量 1,810kg

座席数 14席

最大限界速度 287km/h

航続距離 760km

航続時間 3時間18分

客席長さ 2.41m

幅 1.93m右

高さ 1.37m

床面積 4.50平方メートル

容積 5.78立方メートル

燃料 標準搭載量 1,075L

増槽付搭載量 1,465L

エンジン 双発タービンエンジン

エンジン最大出力 2,154SHP(馬力)

トランスミッション

最大離陸出力 1,605SHP

最大連続出力 1,605SHP

メインローター 317回転/分

テールローター 1619回転左/分

 

 

  

あかふじ』隊員の任務・知識

各種災害における住民への避難誘導・警報の伝達
山岳遭難事故・水難事故における捜索・救助
地震・風水害等における被災者の救出・搬送
林野火災における消火活動
災害時における緊急用物資の輸送
傷病者の緊急救急搬送
各種調査・広報活動・情報収集
その他

『あかふじ』装備品

 ホイスト

レスキューホイスト 吊り上げ能力 272kg 76m

救助隊員の昇降、要救助者の吊り上げ救助等に使用します

 

 

 カメラ

機外カメラ

可視・赤外線の撮影が可能で、林野火災時における残り火の確認や、ヘリコプターテレビ伝送システム活用時の撮影に使用します

 

 

 カーゴフック

カーゴフック 能力1,500kg

空中消火装置や物資輸送用モッコ等を接続します

 

 

 バンビ

空中消火装置(バンビバケット) 容量910リットル

機体のカーゴフックに取り付け水や消火剤を搬送し、林野火災時の空中消火に活用します

 

 

 ヘリテレ

ヘリコプターテレビ伝送システム

機外カメラ等において撮影した映像をリアルタイムで地上に送信することが可能です

各種資器材等

救助

 ・救助資器材

バーティカルストレッチャー、ヘリハーネス、エバックハーネス、ダブルスリング、レスキューネット、サバイバースリング、キャリングラック、レスキュースリング、エンジェルハーネス

 

・救急資器材

バックボード一式、AED、救急バック

 

 
水難 ・水難資器材

 セミドライスーツ、ウェットスーツ、PPE資器材一式、浮環

 

 

 

 

 

 

あかふじニュース

あかふじニュースの閲覧はこちらから

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局消防保安課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1430   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について