トップ > くらし・防災 > 防災 > 消防防災航空隊 > 消防防災航空隊 > 水難救助訓練【令和2年7月10日】

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

水難救助訓練【令和2年7月10日】

水難救助活動時において消防防災航空隊員は水難資器材を装着し、水中で迅速な救助活動を実施しなければならないことから、夏の行楽シーズンを迎えるにあたり山梨県消防学校の水難救助訓練施設を使用して事前訓練を実施致しました。

 

エントリー1

ヘリコプターからの着水(飛込み)を想定した飛込台からの着水訓練を実施致しました。実際は約3メートルの高さからの着水になります!

 

エントリー2

着水した隊員は両手で円を作り異常が無いことをヘリコプターに搭乗している隊員に合図しています!

 

縛着1

縛着2

溺れて意識のない要救助者やパニックで暴れている要救助者の救出訓練を実施しました。水中での活動はバランスを取ることが難しくとても大変です。

 

最後に・・・

気温の上昇や夏休みの開始に伴い、川や海でのレジャーを楽しむ機会が増えると思います。しかし、残念ながら毎年多くの命が失われています。天候や水の状態、体調管理をしっかりチェックし安全にレジャーを楽しみましょう!

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局消防保安課 担当:消防防災航空担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:0551-20-3601   ファクス番号:0551-20-3603

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について