トップ > しごと・産業 > 商工業 > 工業・地場産業 > ワイン > 「山梨ワイン産地確立推進計画」の策定について

更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

 

「山梨ワイン産地確立推進計画」の策定について

 ワイン業界関係者、農業団体関係者、有識者、行政などで構成する山梨ワイン産地確立推進会議は、ワイン産地山梨の確立に向けた課題や問題点を検証し共通の目標と今後のとるべき方策を定めた「山梨ワイン産地確立推進計画」を策定しました。

 

〈計画期間〉

平成28年度から平成37年度

 〈ビジョン〉

世界に通用するワイン産地の確立

-日本を代表するワイン産地として維持・発展-

(目指す姿)

 ぶどう生産者とワイナリーが協働して、国際的な評価を受ける甲州、さらに国内トップレベルの欧州系品種など魅力的あるワインが生産され、山梨が発信するワイン文化や美しい景観を目的に、国内外から多くの人が訪れる日本を代表するワイン産地

 

〈目標〉

 1 醸造用ぶどうの安定的供給体制の確立

  ・契約栽培の推進 

  ・醸造用ぶどうの生産基盤確立

 2 産地形成のための新規参入者支援

  ・醸造用ぶどう栽培を担う人材育成

  ・ワイン生産の新規参入者支援

 3 山梨県産ワインの消費維持と拡大

 (農家が生産した原料ぶどうを毎年安定して買い取れる販売量の確保)

  ・産地ブランド形成推進 

  ・首都圏における販路拡大

 4 甲州の国際的な評価向上と海外における販路拡大

  ・優良市場の見極め 

  ・継続的輸出促進 

 5 産地に人を呼び込むワイン観光の推進

  ・来訪者の増大 

  ・地元消費の拡大 

〈推進の方向〉

「醸造用ぶどうの振興」

 ○醸造用ぶどうの安定的な供給体制を築く

 ○甲州ワインなどの品質をさらに高めるため、醸造用ぶどうの品質を上げる

 ○新たな山梨の顔となる欧州系ワインを生産するため、欧州系ぶどう品種の導入を促進する

「ワイン生産の振興」

 ○山梨県産ワインの競争力を高めるため、ワインの品質を更に向上させ、製品の幅を広げる

 ○山梨県産ワイン全体のレベルの底上げのため、産地全体で品質向上を図る

 ○山梨県産ワイン生産力の強化支援を図る

「消費拡大」

 ○安定的な消費拡大を図るため、国内外におけるプロモーションを行う

 ○山梨に国内外から人を呼び込み、地元消費を拡大する

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1543   ファクス番号:055(223)1547

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について