トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.499大師東丹保遺跡

更新日:2019年8月19日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.499大師東丹保遺跡〔だいしひがしたんぼいせき〕~中世の洪水跡~

 

南アルプス市の遺跡

0006十五所遺跡-方形周溝墓-
0010大師東丹保遺跡-網代-
0108大師東丹保遺跡-遺跡から発見された地震のツメ跡-
0149大師東丹保遺跡-木製品-
0200大師東丹保遺跡-出土した種子は何?-
0259大師東丹保遺跡-下駄-
0287大師東丹保遺跡-扇子の骨組-
0357大師東丹保遺跡-洪水に埋もれた中期古墳-
0392大師東丹保遺跡-地震痕のある遺跡-
0499大師東丹保遺跡~中世の洪水跡~
0017二本柳遺跡-木棺墓-
0122二本柳遺跡-福寿院跡-
0164二本柳遺跡出土の擂鉢-
0276二本柳遺跡-火きり臼-
0023宮沢中村遺跡-昆虫・網代-
0051仲田遺跡-田んぼ-
0052百々遺跡-八稜鏡-
0065百々遺跡-錘-
0066百々遺跡-馬の骨-
0101百々遺跡-洪水の跡-
0136百々遺跡-浄瓶-
0172百々遺跡-平安時代の住居跡-
0269百々遺跡-黒色土器-
0274百々遺跡-古代のウシ・ウマ-
0077善応寺遺跡-祭祀の水場-
0081油田遺跡-田んぼと木製品-
0144油田遺跡-木製竪杵-
0231油田遺跡-体験学習用の復元品-
0084堤防遺跡No.23-堤防の内部-
0409釜無川堤防跡遺跡-
0105石橋北屋敷遺跡-道路跡・区画溝-
0106村前東A遺跡-パレススタイルの壺-
0241村前東A遺跡-手焙形土器-
0250村前東A遺跡-住居跡-
0286村前東A遺跡-S字甕-
0139宮沢中村遺跡-茶碗の焼継ぎ-
0163大塚遺跡-約1,700年前の家の跡-
0168新居道下遺跡の住居跡-
0216長田口遺跡の鏡片-
0340向河原遺跡-水田跡と杭列-

 

大師東丹保遺跡の概要

大師東丹保遺跡は南アルプス市大師(旧甲西町)にある遺跡です。この遺跡は1993年に中部横断自動車道の建設に際し発掘調査が行われました。その結果、弥生時代から中世までの長い間、土地活用がなされていたことがわかりました。この遺跡は約700年前に、洪水の被害を受けて押し流されていましたが、そのような中でも当時の道具や建物跡などがある程度残されていました。洪水によって覆われた生活の痕跡は当時の様子を教えてくれる貴重な資料です。

所在地:南アルプス市大師

時代:弥生時代~中世

報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第132集

 『大師東丹保遺跡Ⅱ・Ⅲ区』1997.3

調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

大師東丹保遺跡Ⅱ区全景

大師東丹保遺跡出土の漆椀

 

大師東丹保遺跡出土の下駄

 

水で流された建物

大師東丹保遺跡は広大な面積(16000平方メートル)を対象とし、調査は1.~4.区の調査区に分けて行われました。1993年に行われた2.区の調査では、掘立柱建物の柱根がいくつか見つかりました。これらは地中に据え付けられたまま途中で折れて倒されており、洪水で押し流され倒された柱の下部だけが残ったものと考えられます。建物の柱は建物が使われなくなったときに抜かれたり、腐ってしまうため、残っていることは珍しいのです。この遺跡では洪水で埋まり、かつ水はけが悪い土地であるため、残ったのでしょう

 

 

検出された柱

これらの柱は南に向かって倒れています。これは洪水により倒された方向を物語っています。遺跡が存在する場所は北から南に向かって下がっていて、滝沢川と坪川によって挟まれた中州状の地形です。この両河川から氾濫した水が洪水となって集落を襲ったのでしょう。川からあふれ出た水が地形に沿って北から南に向かって流れ、その途中にあった大師東丹保遺跡の集落を飲み込んだと思われます。倒された柱の中にはかなりの角度で傾いているものも確認され、洪水の勢いの強さが想像されます。

 

大師東丹保遺跡の地形

防災の進んだ現代でも、昨年に起きた広島県や岡山県の土砂災害のように自然の力は脅威です。昔の人々も我々同様、災害には苦労していたことがうかがえます。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について