トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0235四ツ塚古墳群

更新日:2017年5月8日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0235四ツ塚古墳群-装身具

笛吹市の遺跡

  • 0014経塚古墳-復元古墳-
  • 0217経塚古墳-内部構造-
  • 0251経塚古墳-石室の石積み-
  • 0280経塚古墳-列石-
  • 0396経塚古墳-八角形の意味-
  • 0019桂野遺跡-石皿・磨石-
  • 0100桂野遺跡-陥し穴-
  • 0111桂野遺跡-前期土偶-
  • 0262桂野遺跡-縄文時代前期の住居跡-
  • 0265桂野遺跡-土器に描かれた物語-
  • 0020四ツ塚古墳群-玉類-
  • 0235四ツ塚古墳群-装身具-
  • 0022狐原遺跡-墨書土器-
  • 0059平林2号墳-副葬品-
  • 0079平林2号墳-青銅鏡-
  • 0102平林2号墳-ガラス玉-
  • 0202平林2号墳-馬具類や装身具類-
  • 0240平林2号墳-勾玉-
  • 0337平林2号墳-勾玉-
  • 0081身洗沢遺跡-田んぼと木製品-
  • 0230身洗沢遺跡-プラント・オパール-
  • 0339身洗沢遺跡-農具の今と昔-
  • 0125水口遺跡-柄鏡形敷石住居跡(1号住居跡)-
  • 0355水口遺跡-敷石住居跡(3号住居跡)-
  • 0135花鳥山遺跡-エゴマ種子塊-
  • 0194花鳥山遺跡-縄文時代の食生活を知る遺物-
  • 0199花鳥山遺跡-世界最大級の縄文土器?-
  • 0406花鳥山遺跡-耳飾り-
  • 0145竜安寺川西遺跡-発掘調査速報-
  • 0155竜安寺川西遺跡-発掘調査速報2-
  • 0165竜安寺川西遺跡-発掘調査速報3-
  • 0179竜安寺川西遺跡-ミニチュア土器-
  • 0147境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0157境川中丸遺跡-発掘調査速報-
  • 0181境川中丸遺跡-S字状口縁台付甕-
  • 0148一の沢遺跡-縄文時代中期の住居-
  • 0293一の沢西遺跡-ヒトをモチーフにした土器-
  • 0307一の沢遺跡-縄文土器-
  • 0350一の沢遺跡-みんなで応援しよう!「ミュージアムキャラクターアワード2012」のいっちゃん-
  • 0150稲山遺跡-発掘調査速報-
  • 0160稲山遺跡-発掘調査速報2-
  • 0170稲山遺跡-発掘調査速報3-
  • 0209稲山遺跡-常滑甕-
  • 0229稲山遺跡-すり鉢-
  • 0288稲山遺跡-かわらけ-
  • 0151三光遺跡-発掘調査速報-
  • 0166三光遺跡-発掘調査速報5-
  • 0171三光遺跡-発掘調査速報6-
  • 0186三光遺跡-耳飾り他-
  • 0173二之宮遺跡-食材をふかす道具-
  • 0284二之宮遺跡-置きカマド-
  • 0219亀甲塚古墳-盤龍鏡-
  • 0264亀甲塚古墳-碧玉製管玉-
  • 0234御坂中丸遺跡-縄文時代早期-
  • 0275馬乗山2号墳-甲府盆地最後の前方後円墳-
  • 0331地耕免遺跡-斎串と馬の歯-
  • 0354中丸東遺跡-縄文時代前期の土器と古墳時代の住居跡-
  • 0356石橋条里制遺構-古代の土地区画整理-
  • 0371太鼓畑遺跡-調査概要-
  • 0382六ッ長遺跡-調査概要-

四ツ塚古墳群(よつづかこふんぐん)について

四ツ塚古墳群は、笛吹市一宮町、金川の左岸に所在する古墳時代後期(今から1,400~1,300年ほど前)の群集墳です。1980年(昭和55年)の中央自動車道一宮御坂インターチェンジの建設にともなう発掘調査によって22基の古墳が、1995年(平成7年)に金川の森公園建設にともなう発掘調査によって5基の古墳が確認されました。四ツ塚古墳群についてのトピックスはNo.0020でも紹介されています。

0235四ツ塚古墳群1

写真1(四ツ塚古墳群26号墳)

所在地:笛吹市一宮町国分

時代:古墳時代後期・奈良・平安時代

報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第11集(1985)、山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第162集(1999)

調査機関:山梨県教育委員会山梨県埋蔵文化財センター

古墳時代後期、装身具は、よりおしゃれに、よりポピュラーになる!

アクセサリー(装身具)は私たちの生活において、さまざまな場面で活躍し、場面に応じてその役割を果たす身近な存在です。装身具の歴史は古く、日本では旧石器時代から登場するようですが、四ツ塚古墳群がつくられた古墳時代においても装身具は古墳のなかから多数出土しており、それは時代とともに変化していきます。今回のトピックスでは、装身具から古墳時代後期について考えていきます。

四ツ塚古墳群がつくられるよりも前、古墳時代前期の装身具としては、勾玉(まがたま)などの首飾類や腕飾類などが発見されています。その材料はヒスイなど緑色のものが多く、祭祀的(さいしてき)な意味合いが色濃く出ています。政治と祭祀の関わりが強かった古墳時代前期の特色がよくあらわれているといえるでしょう。中期に入ると、朝鮮半島から多くの人が訪れるようになり大陸の先進技術をもたらしたため、金属製の装身具が登場するようになります。これ以降、金属製の装身具は増加していきます。また玉類では、メノウ製の勾玉や水晶製の丸玉などが登場するようになり、祭祀的な色合いが強いものは前期ほどはみられなくなります。

そして四ツ塚古墳群がつくられた古墳時代後期になると、装身具は祭祀的な色合いはさらに薄れ、よりおしゃれになります。緑色が基調となっていた玉類は、メノウや水晶、コハクなどが用いられ、多色使いのガラス玉であるトンボ玉も作り出されて中期よりもさらにカラフルになります。また、土玉や水晶を使ったシンプルなものなど、より多様なデザインのものも登場するようです。

着飾る階層も、超一流の階層だけにとどまらなくなります。四ツ塚古墳群のような古墳時代後期の群集墳に葬られるのは、それ以前までの王や豪族ではなく、いわば地域の有力な家父長クラスです。財を成し、有力な家長クラスになれば、カラフルな首飾や金ピカの金環(きんかん:今のピアス)などの装身具を所有できた時代、装身具がアクセサリーとしての性格をあらわすようになった時代、それが古墳時代後期なのでした。当時のちょっとセレブな日本人は、男性も女性も、現代の私たち以上に装うことを楽しんでいたのではないでしょうか。

0235四ツ塚古墳群玉類

写真2(四ツ塚古墳群出土玉類:左よりメノウ製勾玉、ガラス製丸玉、土製丸玉、石製臼玉、水晶製切子玉)

四ツ塚古墳群の装身具は学校用貸出資料になっています!

今回紹介した四ツ塚古墳群出土の装身具は学校用貸出資料として提供されています。(ガラス製丸玉と水晶の切子玉)

身近な地域の出土品を実際に児童・生徒にふれさせ、魅力的な授業を展開してみませんか?詳しくはこちら

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について