トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0077善応寺遺跡

更新日:2016年2月8日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0077善応寺遺跡

南アルプス市の遺跡

0006十五所遺跡-方形周溝墓-
0010大師東丹保遺跡-網代-
0108大師東丹保遺跡-遺跡から発見された地震のツメ跡-
0149大師東丹保遺跡-木製品-
0200大師東丹保遺跡-出土した種子は何?-
0259大師東丹保遺跡-下駄-
0287大師東丹保遺跡-扇子の骨組-
0357大師東丹保遺跡-洪水に埋もれた中期古墳-
0392大師東丹保遺跡-地震痕のある遺跡-
0017二本柳遺跡-木棺墓-
0122二本柳遺跡-福寿院跡-
0164二本柳遺跡出土の擂鉢-
0276二本柳遺跡-火きり臼-
0023宮沢中村遺跡-昆虫・網代-
0051仲田遺跡-田んぼ-
0052百々遺跡-八稜鏡-
0065百々遺跡-錘-
0066百々遺跡-馬の骨-
0101百々遺跡-洪水の跡-
0136百々遺跡-浄瓶-
0172百々遺跡-平安時代の住居跡-
0269百々遺跡-黒色土器-
0274百々遺跡-古代のウシ・ウマ-
0077善応寺遺跡-祭祀の水場-
0081油田遺跡-田んぼと木製品-
0144油田遺跡-木製竪杵-
0231油田遺跡-体験学習用の復元品-
0084堤防遺跡No.23-堤防の内部-
0409釜無川堤防跡遺跡-
0105石橋北屋敷遺跡-道路跡・区画溝-
0106村前東A遺跡-パレススタイルの壺-
0241村前東A遺跡-手焙形土器-
0250村前東A遺跡-住居跡-
0286村前東A遺跡-S字甕-
0139宮沢中村遺跡-茶碗の焼継ぎ-
0163大塚遺跡-約1,700年前の家の跡-
0168新居道下遺跡の住居跡-
0216長田口遺跡の鏡片-
0340向河原遺跡-水田跡と杭列-

善応寺遺跡(ぜんのうじいせき)

善応寺を遠くからみた風景観音堂

写真左:善応寺を遠くからみた風景(赤丸が善応寺)右:観音堂

 

山梨県南アルプス市(旧中巨摩郡白根町)大嵐地区にある善応寺(ぜんのうじ)は、甲府盆地の西に位置する甘利山南側山腹に所在する寺院です。現在は観音堂と鐘つき堂があります。

また大正2年には観音堂背後の山林を開墾中に、平安時代の経塚(きょうづか)が発見されました。経塚とは仏教の経典を書き写したものを専用の筒(経筒)にいれて石で囲った空間に納め、小規模な塚にしたものです。

このようなことから、平安時代より寺院が建てられ、今日に続いているものと思います。

 

所在地南アルプス市大嵐字赤羽地内

時代平安時代・中世・近世

調査機関山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

信仰の水場

信仰の水場発掘された石敷き遺構

写真左:観音堂背後の水場右:発掘調査で出土した石敷き遺構

 

埋蔵文化財センターでは、平成16年度から5カ年計画で、山梨県内中世寺院分布調査を実施しています。これは県内の中世(鎌倉・室町・戦国時代)に存在した寺院を調査し、保護・活用のための資料を集める目的でおこなっています。

 

善応寺遺跡は、この調査の一環として平成18年12月1日~18日まで発掘調査をおこないました。調査地は観音堂背後の山林にある水場と、その一段高い段丘上にある平坦面の2カ所でした。このうち水場では、以前に平安時代の土器が拾われたこともあり、「この水場の周囲でどのようなマツリがおこなわれていたのだろうか?」という疑問を胸に、水場の周囲に遺構・遺物があるかどうかを調べました。

 

調査の結果、水場の正面と流れ出し口には大きな石が据えられ、南側には拳大~人頭大の石が敷かれていたことがわかりました。また石と石の間からは細かく割れた平安時代の土器が多数出土しました。

 

今回検出された水場周辺の祭祀に関連すると考えられる遺構と、大正2年に発見された平安時代の経塚とほぼ同時期のものと考えられ、善応寺が平安時代から信仰されていたことを裏付ける資料といえます。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について