トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0066百々遺跡

更新日:2017年5月19日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0066百々遺跡〔どうどういせき〕

南アルプス市の遺跡

0006十五所遺跡-方形周溝墓-
0010大師東丹保遺跡-網代-
0108大師東丹保遺跡-遺跡から発見された地震のツメ跡-
0149大師東丹保遺跡-木製品-
0200大師東丹保遺跡-出土した種子は何?-
0259大師東丹保遺跡-下駄-
0287大師東丹保遺跡-扇子の骨組-
0357大師東丹保遺跡-洪水に埋もれた中期古墳-
0392大師東丹保遺跡-地震痕のある遺跡-
0017二本柳遺跡-木棺墓-
0122二本柳遺跡-福寿院跡-
0164二本柳遺跡出土の擂鉢-
0276二本柳遺跡-火きり臼-
0023宮沢中村遺跡-昆虫・網代-
0051仲田遺跡-田んぼ-
0052百々遺跡-八稜鏡-
0065百々遺跡-錘-
0066百々遺跡-馬の骨-
0101百々遺跡-洪水の跡-
0136百々遺跡-浄瓶-
0172百々遺跡-平安時代の住居跡-
0269百々遺跡-黒色土器-
0274百々遺跡-古代のウシ・ウマ-
0077善応寺遺跡-祭祀の水場-
0081油田遺跡-田んぼと木製品-
0144油田遺跡-木製竪杵-
0231油田遺跡-体験学習用の復元品-
0084堤防遺跡No.23-堤防の内部-
0409釜無川堤防跡遺跡-
0105石橋北屋敷遺跡-道路跡・区画溝-
0106村前東A遺跡-パレススタイルの壺-
0241村前東A遺跡-手焙形土器-
0250村前東A遺跡-住居跡-
0286村前東A遺跡-S字甕-
0139宮沢中村遺跡-茶碗の焼継ぎ-
0163大塚遺跡-約1,700年前の家の跡-
0168新居道下遺跡の住居跡-
0216長田口遺跡の鏡片-
0340向河原遺跡-水田跡と杭列-

南アルプス市の百々遺跡1からは、1つの土坑(どこう=穴)から、ウマ4体の骨が出土しました。さて、どんな状態だったのでしょう?
馬頭骨

上の写真は、現在の馬(うま)の頭(あたま)の骨(ほね)です。

 

所在地山梨県南アルプス市百々地内

時代弥生時代・平安時代

調査機関山梨県埋蔵文化財センター

調査期間1999年5月11日~2000年1月6日

発掘調査報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第201集2002年3月刊行

 

百々遺跡は、国道52号の甲西道路建設時に発見された、平安時代を中心とした集落跡です。南北約800mの範囲に広がっています。このうち、今回紹介する場所は、北端の東側にあります。
この遺跡からは、たくさんの平安時代の竪穴住居跡が発見されましたが、その中の1軒の東壁を掘りこんで、長さ2.6m、幅1.7mの形の楕円形に近い土坑が発見されました。

土坑馬の骨

上の写真は、骨が掘り上がったところです。土坑の本来の深さは、もっと深かったと思われますが、発見された時は、最大でも、深さ26cmと浅く、そのためか、4体のうち、1体は全く頭が残っていませんでした。

写真の左側が北の方向です。

4体

馬の骨

上の写真は、方向を変えて撮影したものです(上が北の方向です)。4体とも、頭を北にしています。顔は、残っている3体は、西側を向き、頭骨が残っていない1体も、首の骨の方向から、西を向いていたと思われます。

 

下の写真は、上の写真の頭部を拡大したものです。下あごの骨で、歯の一部がはずれ、骨も欠けています。

下骨馬の下あごの骨と歯(現生標本)

 

これらの4体のウマは、同時期に埋葬されたものと考えられ、時代は、9世紀後半以降で、頭を北に向け、顔を西に向ける埋葬方法から、仏教信仰のもとに、手厚く葬られたものと考えられます。

県内では、中世の武田氏館跡(甲府市)で、土坑に1体のウマが、北に頭を西に顔を向けて埋葬されたものが発見されています。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について