更新日:2017年5月17日

ここから本文です。

まいぶん用語集_か行_灰釉陶器(かいゆうとうき)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

9世紀のはじめに尾張の猿投窯で開発され奈良・平安時代を通して愛知・岐阜・静岡の窯を中心に生産された、釉薬として植物灰を使用した灰色の陶器です。主として椀・皿・壺などがつくられました。

灰釉陶器は、窯(かま)を使って高温で焼くため粒子間の隙間が細かく、水がしみこみません。しかし、灰釉陶器は役所やお寺などで使われる高級品であり、一般庶民が使うことはできませんでした。

灰釉陶器

膳棚遺跡(山梨市北地内)から出土した灰釉陶器

関連遺跡トピックス→No.01360269030503580368039504170433

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について