更新日:2018年6月28日

ここから本文です。

電気事業の紹介

電気事業は、昭和32年、「野呂川総合開発計画」の一環として西山発電所の運転を開始して以来、早川や笛吹川などで18箇所の水力発電所を運営し、出力11万9,220キロワットで、年間約4億7千万キロワットアワーの電力を家庭や工場などに供給してきました。

さらに、小水力発電の普及促進を目的に、モデル施設として建設した塩川第二発電所(82キロワット)と若彦トンネル湧水発電所(80キロワット)が平成22年4月から、深城発電所(340キロワット)が平成24年4月から、大城川発電所(49キロワット)が平成26年9月から運転を開始しました。また、「やまなし小水力ファスト10」事業により、第一地点の朝穂堰浅尾発電所(12キロワット)が平成27年4月から、第二地点の重川発電所(110キロワット)が平成29年6月から運転を開始しました。

平成29年10月から、発電所の改修等により効率に余力がある発電所(野呂川発電所、奈良田第一発電所、奈良田第二発電所、琴川第二発電所、柚ノ木発電所、天科発電所)において最大出力を増加し、23箇所の水力発電所の合計最大出力は12万1,413キロワットとなりました。

再生可能エネルギーである水力発電による電力の供給は、県民の生活や産業を支えるとともに、毎年、約12万5千キロリットル(ドラム缶約63万本)の原油消費を削減し、約35万トンの二酸化炭素を抑制するなど、循環型社会システムの構築を図るとした「さわやか・やまなし」の実現に重要な役割を果たしています。

また、事業の経営状況については、発電所の数、設備規模、利益率等全国26公営電気事業者(平成28年4月1日現在)の中でも上位にあり、安定した経営を続け、ここ数年は、毎年4億円程度の利益を計上してきました。

堅実な事業運営により得られた利益は、ミレーの絵画「種をまく人」などの購入や市町村振興資金の原資、美術資料購入資金等への低利融資などに活用するとともに平成17年度からは、一般会計予算の環境保全に資する事業に対し、毎年1億円を繰り出すなど県政推進に財政面からも貢献しています。

また、施策への取り組みでは、クリーンエネルギーの普及促進に取り組むことにより、低炭素社会の実現と経済活性化の両立を目指すとした「やまなしグリーンニューディール計画」に基づき、「クリーンエネルギー活用推進事業」を積極的に進めることとし、平成24年1月には東京電力(株)と共同で甲府市の米倉山に建設した大規模太陽光発電所が完成しました。この米倉山太陽光発電所に設置したPR施設「ゆめソーラー館やまなし」では、展示や運営を通じ、再生可能エネルギーや地球温暖化などの環境学習の場とすることはもとより、次世代エネルギーの情報発信も行っています。

今後も、豊かな水資源を活用した水力発電による電力の安定供給及び太陽光等クリーンエネルギーの開発推進により、地球温暖化の防止、循環型社会の形成等「さわやか・やまなし」の実現に向け、県の環境施策に貢献してまいります。

 

narada1

山梨県営では最大の発生電力(27,600キロワット)である「奈良田第一発電所」

琴川第三発電所発電機

 

平成20年4月に運転を開始した「琴川第三発電所」

このページに関するお問い合わせ先

山梨県企業局電気課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)5389   ファクス番号:055(223)5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について