トップ > まちづくり・環境 > 廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > その他 > 排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト

更新日:2018年12月20日

ここから本文です。

排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト

排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト

平成28年1月、他県において、食品製造業者等が産業廃棄物処分業者に処分委託をした食品廃棄物が不適正に転売され、食品として流通するという事案が発覚しました。

廃棄物処理法において、事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自ら適正に処理する責任を有することとされています(排出事業者責任)。

排出事業者は、産業廃棄物処理業者に処理を委託した場合であっても、排出事業者に処理責任があることに変わりはありません。

今回、環境省が、産業廃棄物の排出事業者に、排出事業者責任に基づく必要な措置の適正な実施に取り組んでいただくことを目的として、「排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト」を整理しました。

ついては、排出事業者においては、本チェックリストを活用して、廃棄物処理法に基づく処理責任を適正に果たすようお願いします。

本事案の課題と対応の取りまとめ

環境省が、本事案の課題と対応を取りまとめ、公表しました。

本県の対応 

  本事案を受け、県では山梨県内において動植物性残さ(食品等の製造に伴う廃棄物)の許可を有する事業者に対し、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第19条に基づく立入検査を実施しました。

  • 実施期間 : 平成28年1月21日~1月28日
  • 検査者     : 森林環境部環境整備課及び各林務環境事務所の職員  
  • 検査対象 : 11事業者

            中北林務環境事務所管内        7事業者

            峡東林務環境事務所管内        2事業者

            峡南林務環境事務所管内        1事業者

            富士・東部林務環境事務所管内    1事業者

  • 検査内容 : 事業所内の産業廃棄物の保管や処分の状況を確認するとともに、

          産業廃棄物管理票(マニフェスト)、契約書、帳簿等の関係書類により適正に処理されているか確認しました。

  • 検査結果 : 全11事業者において、受託した産業廃棄物を食品として転売した事案は確認されませんでした。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部環境整備課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1518   ファクス番号:055(223)1507

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について