更新日:2017年4月3日

ここから本文です。

沿革

昭和11年3月 山梨県立種畜場として、甲府市下河原町に設置され、家畜家禽の改良事業を開始する。
昭和12年3月

山梨県立種畜牧場住吉分場として、甲府市中小河原町の新施設に移転し、豚及び鶏の改良増殖業務を開始するとともに、種豚、種鶏、種卵の配布を行う。

昭和26年10月 機構改革にともない住吉分場は独立昇格し、山梨県住吉種畜場と名称を改める。

昭和37年

9月

山梨県畜産試験場と名称を改める。
昭和37年12月 東八代郡一宮町原田の新施設に移転する。
昭和54年11月 中巨摩郡玉穂町乙黒(現:中央市乙黒)の新施設(現在地)に移転する。
平成17年2月 アイオワ豚舎(新銘柄豚開発のための新豚舎)完成。
平成18年4月 組織再編により畜産普及科を新設し、1課3科制となる。
平成28年4月 新たな組織再編により畜産普及科が廃止され、農業革新支援スタッフとなる。
平成29年4月 酪農試験場と組織統合し、山梨県畜産酪農技術センターと名称を改める。

 

トップページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産酪農技術センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒963-1
電話番号:055(273)6441   ファクス番号:055(273)9423

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について