トップ > 組織から探す > 農政部 > 畜産酪農技術センター > 試験研究目標および試験研究課題

更新日:2017年6月5日

ここから本文です。

試験研究目標および試験研究課題

当センターの平成29年度の試験研究目標および試験研究課題について、ご紹介します。

試験研究目標

本県の畜産生産は、県民の食生活の基礎となる畜産物の安定供給において重要な役割を担っている。また、果樹、野菜との複合経営による中山間地農業の活性化や、広大な牧草地や放牧風景による景観保全、さらには土づくりにおける堆肥の活用等を通して、循環型農業の推進にも大きく寄与している。
近年、国際的な穀物不足等により輸入飼料価格は高止まり傾向が続いており、購入飼料に依存した本県の畜産に大きな打撃を与えている。また、原油価格の高騰に伴う生産・流通コストの増大や、担い手の高齢化や後継者不足による農業労働力の減少等、畜産を取り巻く環境は厳しい状況にある。
県では、平成27年12月、本県農業の再生に向けた改革を着実に推進するため「新・やまなし農業大綱」を策定した。本大綱の実現に向け試験研究においては、平成29年3月に「山梨県農業の試験研究推進構想」の第8次改訂を行い、「本県農業の振興方向に沿った施策を実現する技術の開発」、「生産現場の課題解決を迅速に進める技術開発」「分野横断的研究・産学官連携の推進による効果的・効率的な技術の開発」が、本県の農業関係試験研究機関が目指すべき基本方向として示されている。
当センターでは、このような状況を踏まえ、平成29年度には次の6項目の主要研究テーマを柱として、質の高い畜産振興を図るため、県内の試験研究機関のほか、独立行政法人や他県の試験研究機関、大学、民間企業等と連携しながら、施設・圃場等の資源を最大限に活用して、家畜の改良増殖、生産技術の開発、飼養管理技術の開発などの試験研究を進めていく。

試験研究目標に基づく試験研究課題

1.消費者ニーズに応える「やまなしブランド」の開発

「甲州富士桜ポーク」「甲州地どり」「甲州頬落鶏」の維持や生産拡大を図るため、品種改良と増殖を行い、県内の生産者へ優良な種畜を供給する。また、晩生放牧専用新系統ペレニアルイライグラス「PC11L-2」について、地域適応栽培評価試験を継続する。

2.高収益を目指す品質安定・増収・低コスト生産技術の開発

畜産物の品質及び生産性向上のために、機能性成分を有する飼料原料の給与技術、飼養管理技術の改善、受精卵技術等を活用した乳肉用牛の改良増殖など生産性向上技術及び飼養管理技術を開発する。また、自給飼料向上のために飼料作物の栽培技術の確立、優良品種の選定を実施する。

3.環境にやさしく安全・安心な農産物の生産技術の開発

家畜ふん臭気と、豚舎排水による環境負荷を低減するため、堆肥原料の調整や消臭資材等による悪臭の低減化技術の開発を行う。

4.生産阻害要因の解明と対策技術の開発

酪農経営における乳用雌子牛の損耗防止を図るため、哺育時期の飼養管理の違いが発育等に及ぼす影響について検討する。

  • 哺育管理の違いが乳用雌子牛の発育等に及ぼす影響の解明

5.中山間地域等の活性化を目指した農業技術の開発

当センターで育成した放牧用ペレニアルライグラスの新品種を用いて、超集約放牧法、牛肉・牛乳・乳製品の機能性、放牧技術の経営効果について検討を行う。また、肉用牛の親子周年放牧による畜舎不要等の低コスト子牛生産技術について検討する。

6.環境変動に対応した生産技術の開発

ファインバブル水のもつ、界面活性作用・熱交換作用などを活用し、豚舎等の消臭効果や冷却効果について検証する。併せて、地下水を有効活用したコスト低減効果についても検討する。また、採卵鶏における暑熱時の生産性および卵質低下の改善技術を検討する。

 

ページTOPへ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産酪農技術センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒963-1
電話番号:055(273)6441   ファクス番号:055(273)9423

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について