更新日:2020年7月14日

ここから本文です。

植物防疫(侵入警戒病害虫)診断

海外からの侵入病害虫について、農水省横浜植物防疫所との連携により、種苗業者、農協等の取扱い業者を中心に検疫を実施するとともに主要生産地を重点に巡回調査し、本県への侵入及びまん延防止に万全を期す。

1)チチュウカイミバエ、コドリンガ、火傷病侵入警戒調査(国との共同調査)

(1)チチュウカイミバエ、コドリンガ

我が国に未発生の重要果樹害虫であることから、国と共同してフェロモン誘殺トラップを設置し、早期発見のため4月から10月まで毎月1回その誘殺状況を調査している。

(2)火傷病

りんごの栽培地域において、巡回調査を実施するとともに、疑似り病枝葉については試料を採取する。

※採取した試料は横浜植物防疫所で検査

  • 調査期間:5月(開花期及び新梢伸長期)~8月(果実肥大期)の毎月1回
  • 調査地:韮崎市、北杜市(須玉町)
  • 調査方法:調査対象樹を1ほ場あたり2本定め、肉眼で調査する。

2)本県未発生の重要病害虫侵入警戒調査

すでに近県において発生し農業生産に重大な影響を与えている次の病害虫について、主要産地を対象に調査し、早期発見に努める。

調査対象病害虫

  • ウメ輪紋ウイルス(PPV)による病害
  • キウイフルーツかいよう病(Psa3系統)
  • ツマジロクサヨトウ
  • キュウリ黄化えそ病(MYSV)
  • キュウリ退緑黄化ウィルス(CCYV)
  • トマト茎えそ病(CSNV)

主な加害農作物

  • ウメ、モモ、スモモ、オウトウ
  • キウイフルーツ
  • スイートコーン、飼料用トウモロコシ
  • キュウリ
  • キュウリ、メロン、スイカ
  • トマト、ピーマン、キク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター(病害虫防除所) 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2941   ファクス番号:0551(28)2963

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について