更新日:2013年11月18日

ここから本文です。

ヘボン式ローマ字

パスポートの発給とその管理を迅速かつ正確に行うためには、一定のルールを設ける必要があり、氏名の表記は「ヘボン式ローマ字」が原則です。  

ヘボン式ローマ字綴方表(PDF:28KB)

ヘボン式ローマ字表記の留意点

撥音(はつおん)の表記

「ン」で表す撥音は「N」で表記する。

〔例〕本田 ホンダ→HONDA

ただし、B、M、Pの前では、「ン」は「M」で表記する。

〔例〕南部 ナンブ→NAMBU 本間 ホンマ→HOMMA 三瓶 サンペイ→SAMPEI

促音(そくおん)の表記

「っ」で表す促音は子音を重ねて表記する。

〔例〕吉川 キッカワ→KIKKAWA

ただし、チ(CHI)、チャ(CHA)、チュ(CHU)、チョ(CHO)の前には「T」を加える。

〔例〕発地 ホッチ→HOTCHI 八丁 ハッチョウ→HATCHO

長音の表記

「O」や「U」で表す長音は原則として表記しない。

〔例〕太田 オオタ→OTA 斉藤 サイトウ→SAITO 陽子 ヨウコ→YOKO

ヘボン式ローマ字によらない氏名表記

  • 外国籍の方と婚姻されたり、両親のいずれかが外国籍であるなど、ヘボン式ローマ字によらない表記を希望する場合は、各旅券取扱窓口にご相談ください。(申請に必要な書類のほかに、綴りを確認できる書類が必要になる場合もあります。)
  • 長音の表記に「OH」などを希望される場合も同様にご相談ください。
  • 姓についてヘボン式ローマ字によらない表記を希望する場合は、ご家族で綴りが異なることがないよう十分お気をつけください。
  • 一度ローマ字の綴りを決定すると以後の変更はできません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光部パスポートセンター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田二丁目2-3国際交流センター 1 階
電話番号:055(222)2040   ファクス番号:055(222)2041

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について