トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 内水面漁業 > ブラウントラウトの移植(放流)の禁止について

更新日:2017年3月7日

ここから本文です。

ブラウントラウトの移植(放流)の禁止について

ブラウントラウトとは

  • 北部ヨーロッパ地方、西アジア、アフリカの北端が原産地とされるサケ目の外来種です。
  • 本種は日本生態学会の「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されています。

   ブラウントラウト

                  ブラウントラウト

委員会指示の背景

  • 平成24年、山梨県内の河川において、ブラウントラウトの定着が確認されました。
  • 上流に養殖場等がない場所なので、一般人による移植が原因と考えられています。
  • 平成24年より、水産技術センターによる調査が行われており、在来魚の捕食、イワナとの交雑等が確認されています。
  • 調査の詳細は水産技術センター事業報告書第43号(2016年3月発行)を参照して下さい。
  • 現在、水産技術センターでは駆除技術の開発を進めています。 
     

    イワナ×ブラウントラウトの交雑魚

                イワナ×ブラウントラウトの交雑魚

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県内水面漁場管理委員会  担当:事務局(花き農水産課水産担当)
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1614   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について