• 相談窓口
  • 申請・届出
  • 統計・調査
  • イベント
  • よくある質問
  • 計画

ここから本文です。

更新日:2016年9月8日

PCB廃棄物等に関する各種届出及び保管状況の公表

PCB廃棄物等に関する各種届出 

(1)PCB廃棄物等の保管及び処分状況等

PCB廃棄物を保管している事業者、PCB使用製品を所有している事業者は、毎年6月30日までに前年度におけるPCB廃棄物の保管及び処分の状況及びPCB使用製品の廃棄の見込み等について、様式第1号による届出書を山梨県知事に提出しなければなりません。
   ※ 高濃度PCB使用製品のうち、電気事業法に規定される電気工作物は、同法で措置されるため、適用されません。

 

(2)保管事業場の変更

PCB廃棄物を保管している事業者、高濃度PCB使用製品を所有している事業者及びPCB廃棄物の処分事業者は、PCB廃棄物の保管場所、もしくは高濃度PCB使用製品の所在の場所に変更があった時は、変更後10日以内に様式第2号による届出書を山梨県知事に提出しなければなりません。
  ※1 高濃度PCB廃棄物の移動については、基本的にJESCOの事業エリア内に限られます。その他の場合は、様式第3号の届出書による環境大臣の確認が必要です。
  ※2 高濃度PCB使用製品のうち、電気事業法に規定される電気工作物は、同法で措置されるため、適用されません。

 

(3)すべてのPCB廃棄物等の処分等が終了した場合

全ての高濃度PCB廃棄物もしくは全ての低濃度PCB廃棄物を処分した者又は全ての高濃度PCB使用製品の使用を止めて廃棄物として保管する者は、処分または廃棄を終えた日から20日以内に様式第4号による届出書を山梨県知事に提出しなければなりません。

※ 廃棄とは、PCB使用製品の使用を止め、廃棄物とすることをいいます。高濃度PCB使用製品のうち、電気事業法に規定される電気工作物は、同法で措置されるため、適用されません。

 

(4)承継

PCB廃棄物等を保管等している事業者が、相続・合併・分割によりPCB廃棄物等を承継した場合は、承継があった日から30日以内に、様式第7号による届出書を山梨県知事に提出しなければなりません。

 

(5)PCB廃棄物の譲渡し及び譲受けの制限の例外規定適用にあたっての取扱い

PCB廃棄物を保管している事業者が、破産又は特別清算により存続できなくなる場合であって、PCB廃棄物の確実な処理の確保に支障をきたすおそれのある場合についての取扱いを規定しました。

 

PCB廃棄物の保管状況の公表

(1)届出書の縦覧

PCB特別措置法に基づき保管事業者から提出された届出書の副本を縦覧により公表しています。

  • (1)縦覧場所:山梨県森林環境部環境整備課(山梨県庁本館8階)
  • (2)縦覧時間:土曜日、日曜日、国民の祝日(振替休日を含む。)及び年末年始を除く、午前9時から午後5時まで(正午から午後1時までの間は除く。)

(2)PCB廃棄物の保管状況等届出の集計結果

平成25年度に保管事業者から届出された、平成25年3月31日現在のPCB廃棄物の全国集計結果が発表されました。 

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連するよくあるお問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部環境整備課 担当:産業廃棄物担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1518   ファックス番号:055(223)1507

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について