トップ > 県政情報・統計 > 入札・公共事業関係 > 技術管理・仕様 > 技術管理 > 県土整備部技術管理課 > 設計積算情報(県土整備部) > 平成28年2月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置等

更新日:2017年3月2日

ここから本文です。

平成29年3月から適用する「公共工事設計労務単価」及び「設計業務委託等技術者単価及び労務単価」の運用に係る特例措置等

山梨県では、平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価(以下「新労務単価」という。)及び設計業務委託等技術者単価及び労務単価(以下、「新技術者単価」という。)が、従前の同単価(以下、「旧労務単価」「旧技術者単価」という。)に比して大幅に上昇していることに伴い、工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の適用及び、新労務単価及び新技術者単価の運用に係る特例措置の適用について、下記のとおり取り扱うこととします。

工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の適用について

【適用対象】

平成29年3月1日以前に工期が始まっている工事のうち、別途運用に定める残工期が、発注者と受注者の協議により定める基準日から2ヶ月以上ある工事。

 

【運用】

運用の詳細はこちらをご確認ください。

特例措置について

【適用対象】

平成29年3月1日以降に契約を締結する工事及び建設コンサルタント業務等のうち、旧労務単価及び旧技術者単価を適用して予定価格を算出しているもの。

 

【措置の概要】

適用対象工事(もしくは建設コンサルタント業務等)の受注者は、新労務単価(もしくは新技術者単価)に基づく請負代金額(もしくは業務委託料)への変更の協議を請求することができます。なお、変更後の請負代金額が減額となるものは本特例措置の対象外となります。

変更後の請負代金額(もしくは業務委託料)=P(新)× k

 

P(新):新労務単価(もしくは新技術者単価)及び当初契約時点の物価により積算された予定価格

k:当初契約の落札率

 

【運用】

運用の詳細ははこちらをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部技術管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1683   ファクス番号:055(223)1684

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について