更新日:2013年12月27日

ここから本文です。

森づくり推進課

森林計画

山梨県では、平成20年度に山梨東部地域森林計画を策定しました。

また、管内12市町村では、地域森林計画に適合した市町村森林整備計画を策定しています。(計画期間は平成21年4月1日から平成31年3月31日の10年間)

計画の内容は、富士・東部林務環境事務所森づくり推進課及び各市町村林務担当窓口にて閲覧することができます。

森林整備

造林補助事業、保安林整備事業、環境公益林整備支援事業などの制度を通じて、森林整備の推進を図っています。補助制度のご利用にあたっては一定の条件・基準が定められていますので、富士・東部林務環境事務所森づくり推進課またはお近くの森林組合にご相談ください。

造林補助事業

森林所有者自身が植栽や下刈、間伐などの保育をした場合、あるいは森林組合等にその作業を委託した場合に、その作業に要した経費の一部を補助します。

森林環境保全推進事業

将来にわたって健全な森林が引き継がれていくよう、森林環境税を活用し、荒廃した民有林の間伐、里山林の除間伐、広葉樹の植栽等を実施します。

森林組合

富士・東部林務環境事務所管内の森林組合

組合名

区域 住所・電話番号
大月市森林組合 大月市

大月市大月町花咲1669-11

0554-22-4111

南都留森林組合 都留市、上野原市(旧秋山村)、道志村、西桂町

都留市法能404-13

0554-43-7455

北都留森林組合 上野原市(旧秋山村を除く)、小菅村、丹波山村

上野原市上野原5273-2

0554-62-3330

富士北麓森林組合

富士吉田市、忍野村、山中湖村、鳴沢村、

富士河口湖町

富士河口湖町船津6663-1

0555-72-2300

森林保護

松くい虫被害対策

県、市町村が保全すべき松林を指定して、松くい虫の被害拡大を防ぐための被害対策事業(被害木の伐倒駆除、予防のための薬剤樹幹注入)を実施しています。

特に富士北麓地域では、富士山麓の貴重な松林を守るために、被害対策事業とあわせて周辺にある松林を他の樹種に変える樹種転換事業を推進しています。

木材利用

甲斐東部木材団地(大月市初狩町)

山梨東部の木材供給拠点として、平成9年から稼働しています。

拠点の中には次の3つの協同組合があります。

1.甲斐東部材産地形成事業協同組合(原木市場)

  電話 0554-25-3111, FAX 0554-25-3110

2.甲斐東部材製材協同組合(製材工場)

  電話 0554-25-3222 ,FAX 0554-25-3220

3.甲斐東部材プレカット協同組合(プレカット工場)

  電話 0554-25-3333 ,FAX 0554-25-3330 

プレカット工場製材工場原木市場

特用林産

特用林産物とは、森林でとれる産物のうち、木材以外のもの(山菜、きのこ、炭など)をいいます。当管内では、シイタケ、エノキタケ、わさび、木炭、緑化樹などが生産されています。

しいたけわさびすみ

 富士・東部特用林産協会

特用林産物の生産・販売の合理化及び品質の改善を図るとともに、地域振興に寄与することを目的とする団体です。

同協会により、生産振興や需要拡大を図るため、毎年各種イベントが実施されています。

事務局 

富士・東部特用林産協会(鳴沢・富士河口湖恩賜県有財産保護組合内)

〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村3126

電話 0555-85-2013 FAX 0555-85-3003

狩猟・野生鳥獣保護

クマに注意!!

山梨県内の山には広くツキノワグマが生息しています。

本来おとなしい動物ですが、人と突然出会ったときには驚いて攻撃してくることもあります。

クマに出会わないために

  • 新聞やテレビ、地元の役場などにクマ出没情報を聞いて危険な場所に近づかない
  • 早朝、夕方はクマが活発に活動するので危険
  • クマは音に敏感なので、鈴やラジオなどの音でこちらの存在を知らせる
  • クマの足跡を見つけたら引き返す

危険なクマにしないために

  • 残飯などで人間界の食料の味を覚えると危険!しっかり処分する
  • 山ぎわの果樹園などでは果物を放置せずできるだけ片付ける

私たちの人間のちょっとした心がけでクマの有害駆除を減らすことができます

クマに出会ってしまったら

  • 遠くにクマを見つけたら、近づかずあわてずそっと立ち去る
  • 大声で叫んだり、石や棒を投げることはクマを興奮させるだけ
  • クマが近づいてきたら、クマに向いたままできるだけゆっくりと後退する
  • 走るクマはとても素早く、背中を見せて逃げることは最も危険
  • かわいい子グマの近くには必ず親グマがいるので近づかない

もしクマを見かけたら、お近くの市町村窓口までご連絡ください。

自然公園 

自然公園は、優れた自然風景を保護するため、特別地域、普通地域などの地種区分に応じ、一定の行為が規制され、自然公園法に基づく許可又は届出が必要となります。

 

自然公園についての詳細は(山梨県庁みどり自然課のホームページ)をご覧下さい。

 

自然公園内で規制行為を行う際は、行為内容についての事前協議が必要となりますので、森づくり推進課林業自然保護担当(電話0554-45-7884)までお問い合わせください。

普通地域届出書(様式)

普通地域内工作物の新築行為届出書.doc(ワード:50KB)

普通地域内形状変更行為届出書.doc(ワード:37KB)

普通地域内広告物の設置等届出書.doc(ワード:37KB)

 

特別地域の許可申請書様式についてはみどり自然課のホームページを参照してください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部富士・東部林務環境事務所 
住所:〒402-0054 都留市田原三丁目3-3南都留合同庁舎 1 、 2 階
電話番号:0554(45)7810   ファクス番号:0554(45)7807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について