更新日:2019年8月8日

ここから本文です。

 富士技術支援センターの概要

産業技術センターの概要をご覧ください

業務・研究報告

平成28年度(2016)(PDF:4,779KB)

平成27年度(2015)(PDF:4,772KB)

平成26年度(2014)(PDF:4,008KB)

平成25年度(2013)(PDF:3,800KB)

平成24年度(2012)(PDF:3,456KB)

平成23年度(2011)(PDF:4,015KB)

平成22年度(2010)(PDF:4,154KB)

沿革(詳細)

1905

明治38年12月6日 山梨県工業試験場とし、南都留郡谷村(現都留市)に設置

1923

大正12年4月4日 上野原分場を設置

1935

昭和10年4月1日 吉田分場を設置

1939

昭和14年11月1日 吉田分場に本場を移し、旧本場は谷村試験工場となる

1940

昭和15年5月6日 本場建物が完工

1944

昭和19年 太平洋戦争により、本場及び各分場の建物は、それぞれ軍事工場に貸与し、本場は他に移転、わずかに機能を保つ

1946

昭和21年1月 本場事業再開

1947

昭和22年6月 上野原分場事業再開

1950

昭和25年12月1日 名称を山梨県繊維工業試験場と改称

1952

昭和27年5月12日 繊維科学実験室が完工

1953

昭和28年5月16日 大月分場を設置

1954

昭和29年8月10日 工業化実験室完工

1957

昭和32年9月18日 本場変電室新築工事完了

1967

昭和42年5月1日 課科制を設置し、庶務課、繊維科学科、機織科、染色科となる

1968

昭和43年4月1日 県機構改革により技術振興科、デザイン科を新設し、大月、上野原分場を廃止

1970

昭和45年3月 庁舎改築第1期工事(試験棟)完工

1971

昭和46年3月 庁舎改築第2期工事(管理棟)完工

1971

昭和46年12月 開放試験室完工

1974

昭和49年4月1日 次長制をおき庶務課を廃止し、庶務係とする

1975

昭和50年10月14日 創立70周年記念式典を挙行

1977

昭和52年4月1日 科制を廃止し、スタッフとなる

1980

昭和55年4月1日 庶務係を廃止し、グループとなる

1985

昭和60年12月6日 創立80周年を迎える

1986

昭和61年4月1日 山梨県繊維工業試験場を廃止し、工業関係試験研究機関再編整備により、山梨県富士工業技術センターに改称し、繊維部と機械電子部の二部制となる

1992

平成4年4月1日 繊維部に製品開発科、技術指導科を機械電子部に機械電子科、素材科の科制をとる

1995

平成7年4月1日 企画情報科を新設

1995

平成7年12月6日 創立90周年を迎える

1996

平成8年5月8日 ホームページ開設

2003

平成15年11月10日 ホームページ内に『甲斐絹ミュージアム』開設

2005

平成17年12月6日 創立100周年

2011

平成23年8月9日 繊維部公式ブログ「シケンジョテキ」開設
     

 

ページのトップへもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:0555(22)2100   ファクス番号:0555(23)6671

広告スペース

広告掲載について