文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 山梨県ホームページ
  • 携帯サイト
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ホーム > スタンデックス エレクトロニクス ジャパン 株式会社

ここから本文です。

このページを印刷する

スタンデックス エレクトロニクス ジャパン 株式会社

  • インターンシップ可
  • 職場見学可
  • アイコンについて

リードスイッチで世界シェアNo.1!社員の自主性を尊重し、会社の発展とともに社員の成長と幸せを築く

  • 会社概要
  • 今年度採用情報
  • インターンシップ情報

事業内容

リードスイッチ及びその応用製品の開発・設計・製造・販売を主な事業とする、アメリカのスタンデックスインターナショナルグループのリードスイッチ専業メーカーです。

スタンデックス社は、米国を拠点として多様な製品を製造するメーカーで、業務用調理器具・表面処理サービス・金属精密加工サービス・電子部品・油圧シリンダなどの事業を展開しており、特にエレクトロニクス分野では、リードスイッチを組み込んだセンサー・ソリューションを強みとしています。

社内風景

image707-1

当社は、1964年に沖電気工業(株)にてリードスイッチの生産を開始し、1985年に富士吉田にて山梨工場を稼働、1996年に沖電気工業(株)から分離・独立し、1999年から甲府でリードスイッチを製造しています。

2017年4月にOKIグループを離れて外資系になってからも、それまでの会社の歴史や日本の会社の良さも大事にしており、各種社内制度も充実し、安定して長く働ける会社です。

従業員は約100名で、役員・社員との距離も近く、アットホームな雰囲気も魅力のひとつです。全社員が参加する1泊2日の研修会や家族で参加できる社員交流会(BBQ)など、交流の機会も大切にしています。

製品又はサービス

image707-2

リードスイッチとは、磁性材料を加工した一対のリード片を不活性ガスとともにガラス管内に封入したもので、外部磁界によりリード片にN極・S極が誘起され、この誘起された磁気の吸引力により動作しリードが接触することで通電し、磁界が取り除かれるとリードの弾性により復旧して絶縁するといった特性を持つ製品です。センサ近くに配置された磁石が近づいたり遮られたりすることで、さまざまなものの検知・検出に使用されています。

当社の製品は、自動車やホームエレクトロニクス、産業機器、そしてセキュリティ(ドア開閉センサ、電動ロックなど)などの幅広い製品に採用されております。普段は目にする事のない製品ですが、無くてはならない「縁の下の力持ち」として、KOFU(甲府)から世界へ高品質で信頼性の高い各種センサデバイスをお届けし、リードスイッチ市場において世界シェアNo.1を獲得しています。

人事担当者からのメッセージ

image707-3

リードスイッチの用途は様々。考えれば考えるだけ、使い方が広がっていきます。私たちは、お客様の多様なニーズに答えるために、グループ会社とグローバルに連携し、新たな発想で電子部品設計やプロセス開発をやってみたいという方を募集しています。

世界へ発信する喜びや楽しみを我々と共に実感してみたいという方を心よりお待ちしています!

先輩社員の声

顧客と向き合い幅広い応用分野で知見を学ぶ ( 2016 年採用   男性 )

image707-4

世界シェア1位のリードスイッチメーカーである当社は、その技術力や品質面もまた世界トップレベルにあると考えています。そうした企業で開発から製造プロセスまで一貫して見ていく設計職は大変な部分もありますが、そのぶん幅広い電気知識を身につけることができる魅力的な仕事ではないかなと思っています。

また、社内における製造部門とのやりとりだけでなく、お客さまに課題解決のご提案等を行うことも、当社設計部門の大切な役割です。リードスイッチ単体にとどまらず、自動車や家電といった各種応用製品に関する知見をベースに、当社製品へのニーズや顧客課題を適切に理解していく姿勢も欠かせません。

そのためにも、多様な応用分野に目を向けて、何事にも好奇心を持って自主的に新しいノウハウを吸収していけるような方と、ご一緒に世界No.1を支えていけたらと思います!

※先輩社員の声(詳細版)
http://www.standex.co.jp/jp/recruit/interview/

スキル向上も積極的にサポートしてくれます ( 2015 年採用   男性 )

image707-5

(B2Bなので)一般の方には地元企業としての認知度が低いかもしれない当社ですが、およそ20年前から甲府でリードスイッチの製造を行い、地元に貢献し続けてきた企業です。
工学系を専攻した方は必ず活躍できる環境だと思いますし、講習会や展示会の参加費用を負担してくれたり、自主的なスキル向上も積極的にサポートしてくれる会社です。

社内には優れた改善提案を表彰する制度もあり、自身の提案が表彰されたときは大変なうれしさがありました。また、大きな成果はインセンティブ賞与として評価されるのも魅力のひとつです。会社は親しみやすい雰囲気で、自分の意見や提案も上司や先輩の方々が親身に聞いてくださいますし、とにかく周囲の方に恵まれていると感じます。

また、残業等は少なく、福利も充実していて、有給休暇も取りやすい雰囲気があります。ワークライフバランスが整った環境で、自らの意思で確実にスキルアップしたいという方には最適な職場だと確信しています。ぜひ一緒に頑張りましょう!

※先輩社員の声(詳細版)
http://www.standex.co.jp/jp/recruit/interview/

なんでもホワイトボード

【勤務地】甲府本社
【就業時間】8:30~17:15 休憩60分(12:00~13:00)

【初任給】大学院修士課程了:311,200円(2019年度)/学部卒:283,000円(2019年度)
【昇給】年1回(10月) 成果評価等を勘案して行います
【インセンティブ賞与】一般的な6月・12月賞与分は月給に含んでおり、更に年1回(9月)業績・個人の成果評価等を勘案して支給します
【手当】時間外勤務手当、家族手当、住宅手当、出張手当など

【休日】完全週休2日制(土・日・祝日)、年末年始
【年間休日】124日程度
【休暇】年次有給休暇(初年度20日/年、翌年まで積立可)、夏季休暇、有給休暇(慶弔等)リフレッシュ休暇、目的別休暇など

【加入保険】雇用保険 / 労災保険 / 厚生年金 / 健康保険
【福利厚生】社会保険完備、通勤費支給、退職金制度、育児介護休暇制度、財形制度、各種研修(社内外)、改善提案表彰金制度、資格取得報奨金制度、社員研修会(年1回)、社員交流会(BBQ等 年1回)など

会社基本情報

代表者

代表取締役社長  福留 誠

所在地

〒 400 - 0055   甲府市 大津町1088-7

電話番号

055-208-1770

ファックス番号

055-208-1771

創業

1996 年

資本金

20000万 円

主な業種

製造業

従業員数

男性: 84 名  女性: 15名

採用担当

総務部人事課   三角 典子  

ホームページURL

http://www.standex.co.jp/

勤務地

甲府市

周辺地図

インターンシップ情報

インターンシップ担当者

部署名:総務部人事課 氏名:三角 典子

担当者連絡先

電話番号:055-208-1770 ファックス番号:055-208-1771

担当者E-mail

sej-hr@standex.co.jp

実習内容

●●1dayインターンシップ参加学生募集●●

リードスイッチ市場において世界シェアNo.1の企業で電子部品設計およびプロセス開発職を体験してみませんか?

【実習内容】
 電子部品設計およびプロセス開発職の就業体験
 ・会社説明
 ・職場見学
 ・就業体験(設計シミュレーション、製品評価)
 ・OB・先輩社員との懇談など

【申込方法】
 参加を希望される方は、こちらのURLよりお申込みください。
 1dayインターンシップお申込フォームURL
 http://www.standex.co.jp/cgi/form/intern/

受入れ実習場所

甲府市

希望する学生

対象学年:大学院生|大学3年生|大学2年生|大学1年生

文理別:理系

実習開始時期

(2020年2月~3月(日程はご相談に応じて対応いたします)) (1日間) 受入人数:5名

選考方法

あり

書類選考

勤務時間(休憩時間)

9:00~17:00

手当の支給

なし

交通費の支給

応相談

服装規定

通勤時規定

なし

勤務時規定

なし

可能な交通手段

電車|バス|自動車|原付|自転車その他(ご相談に応じます)

その他
(PR・メッセージなど)

ご不明な点などございましたら、担当までお気軽にご連絡ください。お申込みをお待ちしております!

アイコンについて

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ユースバンクやまなし

就活情報メール配信中!

登録申し込み

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

ページの先頭へ戻る