トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 令和3年度の発表資料 > 富士山北麓の幻の湖「赤池」、主に降雨により形成

発表日:2021年9月6日

ここから本文です。

発表資料

富士山北麓の幻の湖「赤池」、主に降雨により形成

概要

山梨県富士山科学研究所は、山梨大学大学院総合研究部、立正大学地球環境科学部と連携し、2020年7月に富士山北麓で9年ぶりに出現した幻の湖「赤池」の水質や水の安定同位体比の分析を行いました。その結果、赤池の発生のしくみについて、精進湖と地下水を通じて繋がっているとする従来の説を覆し、主に直近に生じた降雨により形成されていたことを発見しました。

内容

詳細については、添付の資料をご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県環境・エネルギー部富士山科学研究所 
住所:〒403-0005 富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-1 
電話番号:0555(72)6211   ファクス番号:0555(72)6204

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について