トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックス一覧 > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0164二本柳遺跡出土擂鉢

更新日:2015年12月24日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0164二本柳遺跡出土擂鉢

 

南アルプス市の遺跡

0006十五所遺跡-方形周溝墓-
0010大師東丹保遺跡-網代-
0108大師東丹保遺跡-遺跡から発見された地震のツメ跡-
0149大師東丹保遺跡-木製品-
0200大師東丹保遺跡-出土した種子は何?-
0259大師東丹保遺跡-下駄-
0287大師東丹保遺跡-扇子の骨組-
0357大師東丹保遺跡-洪水に埋もれた中期古墳-
0392大師東丹保遺跡-地震痕のある遺跡-
0017二本柳遺跡-木棺墓-
0122二本柳遺跡-福寿院跡-
0164二本柳遺跡出土の擂鉢-
0276二本柳遺跡-火きり臼-
0023宮沢中村遺跡-昆虫・網代-
0051仲田遺跡-田んぼ-
0052百々遺跡-八稜鏡-
0065百々遺跡-錘-
0066百々遺跡-馬の骨-
0101百々遺跡-洪水の跡-
0136百々遺跡-浄瓶-
0172百々遺跡-平安時代の住居跡-
0269百々遺跡-黒色土器-
0274百々遺跡-古代のウシ・ウマ-
0077善応寺遺跡-祭祀の水場-
0081油田遺跡-田んぼと木製品-
0144油田遺跡-木製竪杵-
0231油田遺跡-体験学習用の復元品-
0084堤防遺跡No.23-堤防の内部-
0409釜無川堤防跡遺跡-
0105石橋北屋敷遺跡-道路跡・区画溝-
0106村前東A遺跡-パレススタイルの壺-
0241村前東A遺跡-手焙形土器-
0250村前東A遺跡-住居跡-
0286村前東A遺跡-S字甕-
0139宮沢中村遺跡-茶碗の焼継ぎ-
0163大塚遺跡-約1,700年前の家の跡-
0168新居道下遺跡の住居跡-
0216長田口遺跡の鏡片-
0340向河原遺跡-水田跡と杭列-

たべものをすりつぶす道具

二本柳遺跡は、南アルプス市(旧若草町加賀美)にあります。この地では、今から500年ほど前の室町時代に、「法善寺」(ほうぜんじ)というお寺を中心に、子院(しいん)と呼ばれるお寺が、20箇所ほどが造られたとても賑(にぎ)やかな地域でした。この子院の一つで「福寿院」(ふくじゅいん)というお寺と推定されている一部分に、農道が建設されることになったため、発掘調査がおこなわれました。

概要

所在地南アルプス市(旧若草町加賀美字山宮地)
時代戦国時代~江戸時代
報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第72集1992(H4)年刊行
調査機関山梨県教育委員会・山梨県埋蔵文化財センター

二本柳遺跡は、甲西バイパス建設に伴う調査も行われています。

二本柳遺跡出土の擂鉢について

二本柳遺跡からは、井戸(いど)が1箇所、溝が3箇所・方形区画遺構(ほうけいくかくいこう)がたくさん確認さてました。なかでも、1号溝の中からは、今から500年くらい前の人々が、生活に使ったものがたくさん見つかっています。ここで、紹介する土製の擂鉢(すりばち)は、現在も使われている陶器の擂鉢と、形などがとてもよく似ています。

約400年前の櫛目現代の櫛目

古い擂鉢の特徴は、内側の櫛目(くしめ)の本数が少なく、しかも放射状(ほうしゃじょう)のことが多いようです。そして、縁(ふち)に一箇所だけ外側に向いた口をつけています。
現代の擂鉢は、たくさんの櫛目がついています。この現代風に櫛目をつけたのは、鎌倉時代の備前焼(びぜんやき)が始まりだといわれています。
ものを摺るには、すり合わせる相手が必要ですが、遺跡からは発見されませんでした。しかし、現代でも使われている擂粉木(すりこぎ)という木製の道具があったと思われます。この擂鉢は土製であるため、内側の底の部分に、ちょうど擂粉木の幅くらいの円形の凹みが出来ています。よく、使いこまれていたことがわかります。

関連トピックス、No.0144油田遺跡-木製竪杵-No.0122二本柳遺跡-福寿院-

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について