更新日:2017年5月16日

ここから本文です。

まいぶん用語集_た行_壺形埴輪(つぼがたはにわ)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

埴輪は、弥生時代後期(今から約1,800年前)に吉備(きび:岡山県)地方の墓に供えられた大きな土器から変化したもので、やがて畿内(きない:奈良県・京都府南部・大阪府・兵庫県南東部)に影響を与え、初期の前方後円(方)墳の墳丘に立てられるようになりました。墳丘や埋葬施設を取り囲むように立てられていることから、聖域を区画するとともに、巨大な古墳を演出する装飾的な役割があったと考えられています。

下の写真のように壺が大型化した形状の埴輪を壺形埴輪と呼んでいます。

 

壺形埴輪1

銚子塚古墳(甲府市下曽根町)から出土した壺形埴輪

関連遺跡トピックス→No.000603740407

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について