ページID:71793更新日:2017年5月19日

ここから本文です。

まいぶん用語集_ら行_緑釉陶器(りょくゆうとうき)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

日本では、7世紀後半に(9世紀初めの緑釉の窯は、京都洛北・尾張で発見)生産がはじまり、釉薬として、鉛ガラスの基礎釉に銅を加えた(銅が酸化炎[酸素が不足し、温度が低い部分]で焼かれることで緑色のガラス化した表面になる)釉をかけた陶器です。主として椀・皿などがつくられました。

 

緑釉陶器1

膳棚遺跡(山梨市北地内)より出土した緑釉陶器皿

関連遺跡トピックス→No.005303680433

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

このページを見た人はこんなページも見ています

県の取り組み

pagetop