更新日:2017年5月24日

ここから本文です。

まいぶん用語集_は行_パレススタイル

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

髪をとかす時に使う櫛のような形の工具で、いっぺんに複数の横線を描いたり、土器の表面を刺すことで、より精緻な文様をつけたり、さらには表面を赤く塗った土器を「パレススタイル」と呼び、もとは濃尾平野(愛知県)で作られ始めました。

下の写真は、古墳時代前期(約1,600年前)のものですが他の土器と異なり、粘土を精製する段階からとても丁寧に作られていて、大きく開いた口の内側や外側の頸から胴の部分にかけて、美しい文様が描かれています。

 

パレススタイル1

村前東A遺跡(南アルプス市十五所十日市場)から出土したパレススタイルの壺

 

関連遺跡トピックス→No.01060286

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について