更新日:2017年5月22日

ここから本文です。

まいぶん用語集_は行_羽口(はぐち)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

羽口とは、鍛冶【かじ】(鉄などの金属を作り出すこと)に使われる道具の一つで、鉄を溶かすためにフイゴ(炉の中の火力を高めるために風を送る装置)から炉の中に風を送り込むための土製の管のことです。下の写真の青と灰色が混ざったような色のところは熱を受けて変化したもので、炉に近い部分であったと考えられます。

 

羽口1

足原田遺跡(山梨市万力)から出土した羽口【はぐち】の先端部分

 

羽口2

羽口の使用想像図

関連遺跡トピックス→No.003703200349

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について