トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 甲府城跡の石垣にみられる矢穴

更新日:2020年5月21日

ここから本文です。

甲府城跡の石垣にみられる矢穴

発掘調査

発掘調査情報

遺跡トピックス一覧

富士山の調査

史跡銚子塚古墳へようこそ

作業員募集のお知らせ

資料普及活動

学校教育・生涯学習への協力

講師派遣

研究紀要一覧

刊行報告書一覧

展示会・イベントなど

甲府学問所

甲府城青空教室

遺跡発掘展&展示

遺跡調査発表会

埋文シンポ

発掘体験セミナー

各種イベント

Q&A・用語集・その他

出土文化財のいろいろ

Q&A

まいぶん用語集

空撮写真目録

国史跡甲府城跡は、東日本における初期段階の織豊系城郭(しょくほうけいじょうかく:織田信長・豊臣秀吉およびその配下の諸大名が建設した城郭の総称)です。

甲府城跡の特徴の一つとして、築城期(16世紀)の野面積み(のづらづみ)石垣という、全国的にも古い石垣が良好に残っていることが挙げられます。

野面積みは、石垣の石をほとんど加工せずに積んでいく方法ですが、岩盤から石を切り出して適度な大きさにしていきます。

この切り出す作業の際に石につく痕跡が「矢穴(やあな)」です。

まず、割りたいラインに沿って直線状にノミで矢(クサビ)を入れる穴を掘ります。この穴に矢を差し込み、上から大玄能(おおげんのう:大きなハンマー)で矢を叩くと、石が左右に割れます。こうして一つの石から割れた石を「兄弟石」といいます。

甲府城跡石垣の石の割り方図

 

そして、この矢穴の大きさは、時代によって変わります。

築城期の矢穴は、幅が約四寸(約12cm)ですが、時代が新しくなると幅が狭くなります。 

石切の道具は、甲府城跡稲荷櫓展示室2階に展示されています。石垣と合わせてご覧ください。 

 

矢穴は、甲府城の石垣のあらゆるところでみられ、中には割ろうとして下書きしたにも関わらず、石を割らずにそのまま積んでいるものも見つかります。

 

 甲府城跡石垣の石割り付け写真3点

 

また、鍛冶曲輪には石を切り出した「石切場」があり、迫力ある岩盤と矢穴を見ることができます。

 

石垣の大きな魅力の一つである「矢穴」をよく見ていただくために、史跡甲府城跡矢穴マップを作成しました。マップを片手に、甲府城の石垣を見ながら散策してみてください。

なお、石垣に夢中になりすぎて転ばないよう、くれぐれも足元にはお気をつけください。

ダウンロードはこちら↓

史跡甲府城跡矢穴マップ

表(PDF:1,095KB) 

裏(PDF:1,038KB)

 

 

調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

参考文献:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書

第155集1997(H9)年刊行

第156集1998(H10)年刊行

第257集2008(H20)年刊行

第267集2010(H22)年刊行

リンク:甲府城研究室のトップページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について